天香山命(アメノカグヤマノミコト)とは?神武天皇を助けた「弥彦様」の物語とご利益

天香山命(アメノカグヤマノミコト)は、叔父の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が稲霊であるのと同様に、農業、備蓄倉の神とされています。

天孫降臨の際の32柱のうちの1柱で、熊野に住んだという記述が「先代旧事本記」に残っています。

天香山命が布都御魂の剣を授けたことにより、初代天皇である神武天皇は大和朝廷を樹立しますが、その後は越後の国を開発したといわれ、「いやひこさま」として親しまれる存在です。

この記事を読んで、そんな有難い神様の神話やご利益についてぜひ知っていただければ幸いです!

天香山命とは?

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378159650/

神武天皇に布都御魂の剣を託し、大和朝廷の建国を助けた神です。
その後は越後の国の開拓に尽力したことから弥彦神社に祀られ、「いやひこさま」と呼ばれています。
天照大御神の孫である饒速日(にぎはやひ)の息子です。

天香山命は、「先代旧事本記」で天照大御神の孫である饒速日尊(ニギハヤヒコノミコト)と天道日女命の間に生まれた神とされています。

のちに神武天皇となる「カムヤマトイワレビコ」が日向の国を出発して、奈良に至り、大和朝廷を樹立する物語である「神武東征」において大きな功績を立て、大和国平定後は、越後の開拓で力を発揮したといわれています。

農業やもちろん、製塩法や網を使った漁を民に伝えるなど、現在の新潟にあたる越後を切り開いた神様として現在でも信仰を集めています。

また、子孫に熱田神宮の大宮司を務めた尾張氏がいることから、名古屋周辺でも祀る神社が見られます。

天香山命の名前の由来

天香山という名前を聞いて、まず最初に思い浮かぶのは万葉集ではないでしょうか?

万葉種では、持統天皇が詠んだ

春すぎて 夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

という歌が有名ですよね。

この天香山という山は、奈良県の橿原市にある山というよりは丘のような山ですが、もともとは天上の神々の世界にあったとされる神聖な山でした。

この天香山が2つの山に分かれて天から落ち、一方が伊予国(愛媛県)の天山(あめやま)となり、もう片方が先に述べた大和国の天香山になったと『伊予国風土記』には記されています。

神様としての天香山命は、二つに分かれる前のまだ天上の世界にあったころの天香山から、名前を得たと伝わっています。

奈良の天香山には天香山命を祀る天香山神社が建っており、藤原京の東に建っていることからも太陽を重要視する古代信仰の中において重要な存在であったことが伺えますね!

天香山命の別称

天香山命にはさまざまな別称があります。
その中でも代表的な名称をいくつか挙げておきます。

  • 天香語山命(アメノカゴヤマノミコト)
  • 天賀吾山命(アメノカゴヤマノミコト)
  • 天香山命(アメノカヤマノミコト)
  • 熊野高倉下命(クマノタカクラジノミコト)
  • 手栗彦命(タグリヒコノミコト)
  • 伊夜日子大神(イヤヒコノオオカミ)
  • 高倉下命(タカクラジノミコト)


とくに神武天皇の東征の際の助っ人として登場する高倉下命の名は記紀でも見つけることができます。

天香山命の神話

それでは、記紀に登場する天香山命の逸話を見て行きましょう!

天香山命の神話としてもっとも有名なのが、神武東征での布都御霊を献上した物語でしょう。

ここで天香山命が登場する神話のさわりをふたつ紹介しますが、どちらもカギとなっているのが「倉」です。天香山命が農業とともに倉の神をされる理由がわかるのが、このふたつの神話だといっていいでしょう。

布都御霊を神武天皇に届ける

このお話は、「布都御魂」の記事でも紹介しましたが、まだ「カムヤマトイワレビコ」と呼ばれていた頃の神武天皇が日向の国から出発し、大和国で朝廷を樹立するまでの物語の中で天香山命は大きな活躍をします。

神武天皇が東征で大和に向かう途中、熊野の荒ぶる悪神の毒にやられ苦戦をしている際、同じく熊野に住んでいた高倉下命(天香山命の別名)に夢のお告げがあります。

神武天皇の軍勢を助けるために、武御雷(タケノミカヅチ)が霊剣布都御霊(フツノミタマ)を倉へ落とす夢です。

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378114114/

「いやひこさま」として越後の守護神となる

天香山命の活躍もあり、神武天皇が初代天皇として即位した4年後に、越後の弥彦へ天香山命は移住します。

東征の途中で立ち寄った越後の国を気に入っていた天香山命は、土地の開発に力を注ぎます。農業、漁業、製塩に酒造と次々に産業を興すのです。

この生産された貴重な食料を保存するのが倉であり、人の命をつなぐ神聖な場所と位置付けられるものでした。天香山命は、産業を起こしたと同時に、それを保存する大切さを伝えたことから農業、漁業の神だけでなく、倉の神としての信仰も集めたのです。

後の章でも紹介しますが、
現在の新潟県にあたる越後国では天香山命へ感謝を込めてお祀りするため、弥彦神社を建立し「いやひこさま」「おやひこさま」として天香山命を信仰しています。

天香山命のご利益

天香山命の御利益には以下のものがあります。

  • 倉庫の守護神
  • 農業
  • 漁業
  • 製塩
  • 厄除け
  • 開運招福
  • 出世成功
  • 病気平癒

これらは一般的なものですが、別命とされる高倉下命(タカクラジノミコト)の語呂合わせから、宝くじ当選のご利益があるともいわれています。

天香山命が祀られている神社

天香山命は、越後(現在の新潟県)を開発したことから、このエリアに祀る神社が点在しています。
それ以外にも、熱田神宮の大宮司を務めた尾張氏の祖神とされていることから、愛知県内にも、天香山命を祀る神社が見られます。

彌彦神社

天香山命を越後開拓の祖神、伊夜日子大神(イヤヒコノオオカミ)として祀っているのが彌彦神社です。

越後開拓の祖としてだけでなく、神武東征にも功績があったことから武士の信仰も集め、源義経や上杉謙信ゆかりの武具が展示されています。弥彦山山頂にある奥宮が天香山命の御神廟に当たると伝わっています。

所在地新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
電話番号0256-94-2001

田村神社

天香山命を天陰山命として、倭迹迹日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)、吉備津彦命(キビツヒコノミコト)、猿田彦神(サルタヒコノカミ)、天五田根命(アメノイタネノミコト)の五柱とともに田村大神として祀っているのが田村神社です。神武東征以後に、天香山命が御子とともにこの地へ渡り、開拓したという伝説が残されています。

所在地香川県高松市一宮町286
電話番号087-885-1541

真清田神社

子孫を天孫族と称している天火明命(アメノホアカリノミコト)の一族を祀っているのが真清田神社です。諸説あるものの、天香山命も子孫とされています。尾張の国一の宮としての信仰はもちろんのこと、名古屋城の鬼門に位置することから尾張徳川家とゆかりの深い神社です。

所在地愛知県一宮市真清田1丁目2番1号
電話番号0586-73-5196

天香山命のスピリチュアルメッセージ

ここまで読んでいただきありがとうございました!
この記事が天香山命を理解するお役に少しでも立てば幸いです!

最後に天香山命からのスピリチュアルメッセージをお届けします。

信念を口に出して唱えてください
神様が力を授けてくれます
射られた矢のように一直線に進んでください
信じる力が奇跡を起こしますよ

日本建国の功労者であり、国土の発展に寄与した天香山命。

自分の進む道に迷った時は、「いやひこさま」のお力を借りるためにも弥彦神社に参拝してみてくださいね!

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG