天宇受売命(アメノウズメ)とは?踊りで世界を開いた女神を祀る神社やご利益を解説

天宇受売命(アメノウズメノミコト)は、太陽神の天照大御神が岩の洞に隠れた「天岩戸神話」において、うつぶせにした空の槽(桶)の上に立ち、魅力的に踊り、世界に光を取り戻した神様として有名です。

この記事では、アメノウズメがどのような神様なのか、ご利益や物語など、様々な観点から解説させていただきます。

天宇受売命(アメノウズメノミコト)とは?

https://www.pinterest.jp/pin/765893480377866224/

アメノウズメは芸能の神として各地で信仰されています

アメノウズメは、太陽神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、天岩戸と呼ばれる洞窟に隠れてしまい、世界中が暗闇に包まれてしまった際、踊ることによって八百万の神々を笑わせ、天照大御神を洞窟から出した神様です。

その際、まるで何かが憑依したかのような状態で舞ったという逸話から「神からの神託を受ける巫女を神格化した神様」と言われており、巫女の原点とされています。

また、天孫降臨の際、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に付き従い、鋭い目つきで天を見つめる神様に名前を聞いたとされていますので、勇気も兼ね備えた神様と言えるでしょう。

ちなみに、このときにアメノウズメが名前を聞いた神様は、瓊瓊杵尊を高千穂の地まで道案内した猿田彦(サルタヒコ)という神様です。この出会いをきっかけにアメノウズメの夫となります。

芸能の神様としても有名

アメノウズメは日本最古の踊り子とも言われる神で、古事記ではアメノウズメを「巧みに俳優(ワザオギ)をなし」と記載しています。そのため、歌舞伎や舞、俳優、舞台などを中心にした芸能の神として、芸能関係や花柳界の人達に篤く信仰されています。

アメノウズメの別称

アメノウズメには、以下のような別称もあります。

  • 天宇受売命(アメノウズメノミコト)
  • 宮比神(ミヤビノカミ)
  • 猿女君(サルメノキミ)
  • 大宮売神(オオミヤノメノカミ)
  • 大宮能売命(オオミヤノメノカミ)
  • 天鈿女命(アメノウズメノミコト)

また、アメノウズメは、古事記での表記になります。日本書紀では、「天鈿女命」として物語に登場していますので、併せて覚えておきましょう。

アメノウズメの物語

古事記において、アメノウズメは「天岩戸隠れ」と「天孫降臨」の物語に登場します。ここでは、アメノウズメの物語について紹介していきます。

岩戸隠れ、踊りで世界に光を取り戻す

https://www.pinterest.jp/pin/765893480376540473/

天照大御神の弟・須佐之男命(スサノオノミコト)は、高天原で乱暴狼藉の限りを尽くしてしまいます。

弟の行動を恥じた天照大御神は、悲しみにくれてしまい、天岩戸という洞窟に引隠れてしまいます、太陽を司る天照大御神が引きこもったことによって、世界は闇に覆われ、不吉なことばかり起こるようになりました。

神々は天照大御神を洞窟から出すために、知恵の神である思金神(オモイカネ)の指示に従い、岩戸の前で楽しく宴会を開きました。このとき、アメノウズメはふせた空の桶の上に立ち、激しく踏み鳴らしながら踊り、神々を笑わせて場を盛り上げます。

天照大御神は、外から楽しそうな笑い声が聞こえてくるため、岩戸の隙間から「外が暗いのに、何がそんなに楽しいの?」と神々に尋ねました。

すると、アメノウズメが「あなたよりもご立派な神様が現れたのですよ。」と答えながら八咫鏡を見せ、天照大御神が鏡に映った自身の姿に見とれているうちに天手力男神(アメノタヂカラオ)が引っ張り出しました。こうして、世界は光を取り戻します。

このとき宴会で披露したアメノウズメの踊りは、神楽舞の起源と言われています。

天孫降臨で夫となる猿田彦大神との出会う

https://www.pinterest.jp/pin/765893480379015261/

天照大御神は地上の世界(葦原中津国)を治めるために、遣いとして孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を派遣します(天孫降臨)。

このときに、アメノウズメは五伴緒神(いつとものお)として邇邇芸命に付き従います。

五伴緒神(いつとものお)はニニギノミコトの天孫降臨にお供した五柱の神です。

ちなみに、
天児屋命(あめのこやね)
天太玉命(あめのふとだま)
天宇受売命(あめのうずめ)
伊斯許理度売命(いしこりどめ)
玉祖命(たまのおやのみこと)
の五柱が五伴緒神です。

しかし別の神から、地上に「ギラギラと光る目と長い鼻を持ち、真っ赤な顔をした恐ろしい異様な神がいる」という報告を受けます。

天照大御神は、アメノウズメが勇気があることを知っていたので、恐ろしい神に何者であるか一人でたずねてくるように命令します。

アメノウズメがその神に名前を尋ねると、「私は猿田彦、瓊瓊杵尊を葦原中津国まで案内するために、ここで待っています。」と答えました。天照大御神はこれをきいて喜び、こうして猿田彦は瓊瓊杵尊を葦原中津国まで案内することになります。

私はアメノウズメ、あなたは何者ですか?

私はサルタヒコ、ニニギノミコトを道案内しようとここでお待ちしておりました

この時、アメノウズメは着物の紐をほどき、乳房をさらけ出して、笑いながらサルタヒコに話しかけたと言われています。魅惑的なアメノウズメの姿に、天を睨みつけていた猿田彦も思わず口を開いたとされています。
天岩戸の踊りのときといい、不思議な魅力がアメノウズメにはあります。

これが、アメノウズメと猿田彦の出会いです。その後、猿田彦の案内によって葦原中津国の高千穂という場所に無事辿り着いた瓊瓊杵尊は、アメノウズメに「猿田彦の名を負って、仕えなさい」と言います。

こうして、アメノウズメは猿田彦と結婚し、猿田彦の妻という意味の「猿女君」(さるめのきみ)に改名したと言われています。

また、後に大嘗祭や鎮魂祭といった宮中の神事をおこなう女官に猿女君と呼ばれる一族が生まれます。この一族は天宇受売命の子孫とする説もあるようです。

https://www.pinterest.jp/pin/765893480377650408/

アメノウズメのご利益

アメノウズメは、神楽の祖と言われるほか、猿田彦と結婚・改名したことによって以下のようなご利益があるとされています。

  • 芸能上達
  • 夫婦円満
  •  縁結び
  •  五穀豊穣
  •  交通安全

アメノウズメを祀る神社

アメノウズメを信仰する神社は日本各地にありますが、ここでは有名な神社を3つピックアップして紹介いたします。

佐倍乃神社(さへのじんじゃ)

宮城県名取市にある佐倍乃神社では、アメノウズメと一緒に夫の猿田彦も祀られています。人生や生活の道を開ける道祖神として崇敬されており、縁結び、夫婦和合、五穀豊穣、技芸上達などのご利益があるようです。

所在地宮城県名取市愛島笠島西台1-4
電話番号022-382-3887

椿彦神社(つばきおおかみやしろ)

三重県鈴鹿市にある椿大神社は主祭神が猿田彦、そして配祀は妻のアメノウズメと木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)です。アメノウズメは、椿大神社の別宮、椿岸神社の祭神で、ご利益としては技芸上達、縁結び、夫婦円満などがあります。神前挙式も行われる神社です。

所在地三重県鈴鹿市山本町1871
電話番号059-371-1515

芸能神社

京都府の車折神社(くるまざきじんじゃ)内にある芸能神社もアメノウズメを祀っていることで有名です。特に芸能神社は芸能や芸術の分野で生計を立てている方々から強い信仰を受けています。

所在地京都府京都市右京区嵯峨朝日町 芸能神社
電話番号075-861-0039

アメノウズメのスピリチュアルメッセージ

古事記に登場するアメノウズメは、裸で踊る姿で神々を笑わせますが、これは単純に笑うということではありません。「笑う」とは、悪霊を退散したりするなど、呪術的所作でもあります。つまり、神々を笑わせ、天照大御神を天岩戸から出したアメノウズメは、世界を救った立役者と言えるでしょう。

魅惑的な踊りで天照大御神を始めとする神々を惹きつけ、猿田彦の妻となったあとは仲睦まじく過ごしたアメノウズメ。そんなアメノウズメのご利益にあやかりたい方は、アメノウズメを祀っている神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後にアメノウズメからのスピリチュアルメッセージをお伝えします。

あなたが楽しいと思うときはいつですか?
子供の頃の純粋な情熱を思い出してください
魂が楽しむ時、人は神に近づきます
明るい想念が素晴らしい世界を想像します

最後まで読んでいただきありがとうございます。

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG