茅の輪くぐりとは?|由来や作法について紹介

茅の輪くぐりは、須佐之男命(スサノオノミコト)の日本神話にも由来する、夏越の祓(なごしのはらえ)で主に行われる神社の行事です。東京では神田明神、縁結びで有名な出雲大社で今も行われています。そんな大祓の神事、茅の輪くぐりについて解説していきましょう。

茅の輪くぐりとは?

茅の輪くぐりとは、夏越の大祓や年越の大祓に行われる罪や穢れを拭い去る神事です。

「大祓(おおはらえ)」といわれる神事には夏越の大祓、年越の大祓と対になる神事があり、その夏越の大祓の神事の中で、神社の参道に、茅(ちがや)という名の草で編んだ直径数メートルにもなる輪をくぐります。

この茅の輪をくぐることで、心身から災厄が祓われ、無病息災のご利益が得られると伝わっています。

茅の輪くぐりの由来

茅の輪くぐりは、須佐之男命が登場する日本神話に由来しています。

須佐之男命が備後国(今の広島県の一部)で旅の途中、休息を取るために宿を求めます。その地にいたのが蘇民将来と巨但将来という兄弟です。弟である巨但将来は裕福な暮らしをしていたにも関わらず、須佐之男命をもてなすことはありませんでした。しかし、兄の蘇民将来は貧しいなりに、精一杯の宴を催し宿も提供するのです。

数年後蘇民将来のもとへ、須佐之男命が再び訪れます。そして「茅の輪を腰にお守りとしてつけていれば疫病に掛からなくて済む」と言葉を残すのです。蘇民将来は、須佐之男命の言葉を信じ、無病息災を祈願するため、腰に茅の輪をずっとつけていたといいます。

その逸話が由来となって、江戸時代へ入った頃には、現在の茅の輪をくぐる行事として定着したといわれています。 

そのほか、民間信仰では八坂神社の祭神の牛頭天王(ごずてんのう)の逸話に由来をもつとされています。

茅の輪くぐりは毎年いつ行われる?

茅の輪くぐりは、夏越の大祓と年越の大祓の日に行われます。

神道には、大祓(おおはらい)という行事があり、宮中で6/28~6/30に行われているのが夏越の大祓、12/29~12/31に行われている祭祀が年越の大祓です。

茅の輪くぐりは、夏越の大祓の行事とされていますが、年越の大祓にも行う神社があります。

夏越の大祓

夏越の大祓とは、毎年旧暦の6月晦日に行われる、半年で身に積もった穢れを落とし、残る半年の健康と厄除を祈願する神事です。

夏越の大祓の由来は、伊邪那岐神の禊祓にあるとされています。

「水無月のなごしの祓するひとはちとせの命のぶといふなり」(詠み人知らず)
と歌にも詠まれています。いつから始まったのかははっきりしませんが、古くから広く大衆にも定着した神事です。

古くから続いていた夏越の祓ですが、戦国時代のきっかけとなった「応仁の乱」によって世の中が乱れ宮中行事でも行われなくなります。それが江戸元禄時代に形式的な神事として行われるようになり、明治初期に大祓として復活したことから、全国の神社に広がっていったとされています。

現在では、旧暦ではなく新暦の6月末に行われています。その夏越の祓の中心的な禊の神事が、茅の輪くぐりです。

年越の大祓

年越の大祓は、夏越の大祓の対となる年末に行われる神事です。

夏越の大祓が、疫病を避けるため清潔に過ごすことを奨励する意味が込められているものだとすれば、その対となる年越の大祓は1年で身についてしまった罪や穢れを落とし、新たな年を迎えるための神事だといえるでしょう。

多くの神社は夏越の大祓で行う茅の輪くぐりですが、千葉県市川市の葛飾八幡宮などでは年越の大祓にも行われています。

茅の輪くぐりの作法

茅の輪くぐりの作法は、神社によって違いがあります。基本的な茅の輪くぐりの作法は8の字に3度くぐるのが一般的です。

  • 1周目・正面で礼をして、茅の輪を左足でまたぎ、左回りで回ります。
  • 2周目・正面で礼をして、右足で茅の輪をまたぎ、右回りで正面へ戻ります。
  • 3周目・正面で礼をしたあと、左足で茅の輪をまたぎ左回りで正面に周り、最後に礼をして左足で茅の輪をまたいで参拝に向かいます。

周る際には声を出さず、神拝詞(となえことば)を唱えるのも大切です。

神拝詞の代表的なものは、
「祓い給へ 清め給へ 守り給へ 幸え給へ(はらへたまへ きよめたまへ まもりたまへ さきはえたまえへ)」

というものですが、あくまでもこれは基本的なものなので、茅の輪くぐりを行う神社で確認をしてからお参りしましょう。

茅の輪くぐりができる神社

大祓の神事のなかでも有名な、茅の輪くぐりを体験できる神社はどこにあるのでしょう。
関東、中京、関西、中国地方のそれぞれ代表的な神社を紹介していきます。

神田明神

神田明神は、東京の総鎮守とされています。

大国主の国造りを助けたことでも有名な少彦名も祀られている神社です。

神田明神では、6月30日の午前と午後に行われる夏越の大祓だけでなく、12月30日と31日の午後に行う年越の大祓でも茅の輪くぐりが行われています。

また、神田明神では6月30日にYouTubeチャンネル「江戸総鎮守 神田明神 公式チャンネル -KANDAMYOUJIN-」にて、夏越の大祓式の映像を生配信していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

所在地東京都千代田区外神田2-16-2
電話番号03-3254-0753

大宮氷川神社

https://twitter.com/CariadBythol/status/1274157145043300352

武蔵国一宮でさいたま市にある氷川神社は、須佐之男命や稲田姫(櫛名田比売)、大己貴命(大国主)を祭神とする神社です。

氷川神社では、大祓式が行われる日だけでなく、6月の最終週から一週間ほどの期間、茅の輪くぐりを体験できます。

所在地埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
電話番号048-641-0137

寒川神社

神奈川県の寒川神社は、寒川大明神を祭神とする神社です。

寒川大明神は、寒川比古命 (さむかわひこのみこと)と寒川比女命 (さむかわひめのみこと)の2神のことを指しますが、古事記や日本書紀には登場しません。一説には大山祇神菊理媛命ではないかといわれていますが、正体は不明のままです。

寒川神社では、6月夏越の大祓で参拝者が茅の輪くぐりを行い、無病息災を祈願します。

所在地神奈川県高座郡寒川町宮山3916
電話番号0467-75-0004

城山八幡宮

城山八幡宮は、木花咲耶姫伊邪那美などが祀られている名古屋市にある神社です。

城山八幡宮の茅の輪くぐりは、「大茅輪くぐり」の名で地元の人に親しまれており、直径5メートルの大きな茅の輪が境内に置かれます。

所在地愛知県名古屋市千種区城山町2-88
電話番号052-751-0788

住吉大社

https://twitter.com/0u0_saya_0u0/status/1147877063052840960

大阪の夏祭りを締めくくる7月の住吉祭では多くの神事が行われます。

海の日に「神輿洗神事」30日に「宵宮祭」その翌日に行われるのが大阪指定民俗文化財に指定されている「夏越祓神事・例大祭」です。

着飾った夏越女と稚児が茅の輪をくぐり、五月殿で大祓式が行われたあと、参拝客が茅の輪をくぐって参進していきます。

所在地大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
電話番号06-6672-0753

車折(くるまざき)神社

https://twitter.com/frostflower283/status/1402021415813935104

京都嵐山にある車折神社も茅の輪くぐりが行われています。

境内社の芸能神社(げいのうじんじゃ)には、芸能の神様の天宇受売命も祀られており、芸能人が通うことでも有名です。

車折神社は、他より早く6月1日から茅の輪が用意され、夏越の大祓式が行われる30日までの1か月間ご利益を得られるチャンスがある神社です。

所在地京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
電話番号075-861-0039

岡山神社

https://twitter.com/saorinotdead/status/1287263809241935873

岡山神社は、縁結びのご利益があるとされ、神前結婚式も行われている神社です。

祭神には、日本武尊倉稲魂命(宇迦之御魂)などが祀られています。

岡山神社も「夏越祭」の神事として、茅の輪くぐりが行われます。老若男女問わず、地元の参拝客がお祭りを楽しみながら茅の輪くぐりで穢れや罪を祓っていきます。

所在地岡山県岡山市北区石関町2-33
電話番号086-222-7198

茅の輪くぐりについてまとめ

茅の輪くぐりについて解説、紹介してきましたがいかがでしたか?
生きていれば、良いことだけでなく、辛い思いをすることもあるでしょう。そんなときに心を落ち着かせる役割を持つのが、区切りです。

1年の半分が終わる6月末から7月初旬に行われる茅の輪くぐりは、厄を落とし無病息災を祈願するものですが、それだけでなく心を整理し、残り半年を気分一新で乗り切るための役割を持つのでしょう。

茅の輪くぐりはスケールの大小はあっても、全国各地で行われている神事です。もし近隣の神社で行っていたら、気分転換をするつもりで参加してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
アマテラスチャンネルのLINE公式アカウントに「はらいたまえ」と入力してください。
プレゼントをお送りいたします。


LINE公式アカウントはこちら

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG