神となった霊剣、布都御霊(フツノミタマ)とは?ご利益や祀る神社を解説

記紀にはさまざまな神様が登場しますが、今回ご紹介する布都御霊(フツノミタマ)は、他の神様とは少し違った存在です。

長年使われた道具に神が宿ることで生まれる付喪神のように、なんと布都御霊は霊剣が神となった存在なのです。

出雲の国の平定や神武天皇の東征で威力を発揮したことから、兵を束ね、軍事を役割りとしていた物部氏の総氏神とされていました。

神武天皇のピンチを救ったために、現代では「起死回生」を遂げるサポートをしてくれるご利益があるといわれています。

そんな霊験あらたかな剣の神様の物語や神社についてわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

布都御霊とは?

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378114114/

布都御魂は、神話ではタケミカヅチの神が振るっていた剣であり、東征に苦戦する神武天皇を助けました。
①布都御魂剣
②草薙剣
③十拳剣
の三振りの剣を神代三剣といいます。

神話の時代において、布都御霊は天照大御神の命を受けて、葦原中国を平定した武御雷神(タケミカヅチ)が振るった剣です。

古代神話に登場する草薙剣(クサナギノツルギ)、十拳剣(トツカノツルギ)と並び、神代三剣(カミヨサンケン)に数えられています。

後述しますが、東征の中で苦戦する神武天皇にもたらされ、悪神を退けたと「古事記」には記されています。

布都御霊の別称

布都御霊は、「断ち切る」という様を表す「ふつ」が名称の由来とされています。
そのほかにも、いくつか別称があるので紹介しておきましょう。

  • 布都御魂剣(フツノタマノツルギ)古事記
  • 韴霊剣(フツノタマノツルギ)日本書紀
  • 甕布都神(ミカフツミノカミ)
  • 佐比(佐士)布津神(サヒフツノカミ)

※佐士(サジ)を表記されていますが、刀の古語である佐比(サヒ)の誤記とされています。

神格は剣の神です。

布都御霊の神話

それでは、布都御霊の物語について見て行きましょう!

布都御霊は日本国の成り立ち、天皇誕生に大きくかかわった神剣です。神話の中で、布都御霊には2柱の神が深く関わっています。そのふたつの神話を紹介します。

武御雷の葦原中国の平定で奮われた布都御霊

天照大御神が日本国を作った天孫降臨より前の時代、国譲りの物語の中で武御雷(建御雷神)が振るった剣が布都御霊です。

大国主命(オオクニヌシノカミ)が治めていた出雲の国を欲した天照大御神ですが、使者を送るものの交渉が成立せず、最後の手段として選ばれ派遣されたのが武御雷です。

武力に長けた武御雷が降り立ったのが、現在の島根県の稲佐の浜で剣を波に刺し立て、国譲りを成し遂げますが、この時に武御雷が使っていた剣が布都御霊と伝わっています。

神武天皇を救った布都御霊

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378111825/

古事記の中盤になると、神武天皇が日向から奈良盆地周辺の地域を治め、初代天皇になる物語が始まります。

「かむやまといわれびこ」とも呼ばれる神武天皇は、東征の過程で様々な神の援助を受けながら、軍団を組織しつつ熊野まで辿り着きます。

しかし、熊野では土地の悪神の毒による呪いが待ち受けており、神武天皇が率いる軍団は動けなくなってしまいました。

万事休すかと思われたそんな時、窮地を救ったのが布都御霊です。

天香山命とも呼ばれる高倉下命(タカクラジノミコト)という男は、ある日不思議な夢を見ます。

その夢は天照大御神が「熊野の荒ぶる神」の霊力に苦戦する神武天皇を救うため、出雲を平定した武御雷に熊野へ向かうよう指示するという内容でした。

それに対し「自分が降りずともこの剣があれば事足ります」と、武御雷は夢の中で高倉下へ、手に持っていた剣を神武天皇のもとに届けるようにと告げます。目が覚めた高倉下が蔵へ向かうと、夢のお告げの通りに剣があり、彼はその剣を神武天皇に届けました。

神武天皇に託されたその剣(つるぎ)こそ布都御魂です。

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378159650/

神武天皇は高倉下から布都御魂剣を受け取ると、毒の呪いで苦しんでいた軍勢は立ち上がり、剣を振るうこともなく熊野の悪神は逃げ帰ったといいます。

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378112867/

これで勢いづいた神武天皇の軍は、八咫烏(ヤタガラス)の導きに従って進み天下を平定し、神武天皇が初代天皇の座につ着くことで、大和朝廷が樹立されます。

このように、天照大御神によって布都御魂剣がもたらされることがなければ、神武天皇による朝廷の樹立はできなかったでしょう。

日本という国の成り立ちにとって、布都御霊は決して軽視できない存在なのです。

布都御霊のご利益

神武天皇のエピソードを知ることで、布都御魂がどのような神様であるかということについては十分伝わったと思うので、ここからは、布都御魂をお祀りするとどのようなご利益がいただけるかということに焦点を絞って説明します。

布都御霊は、非常に強い霊力をもった剣ということで、古代では軍事の役割を担った物部氏の総氏神であり、剣の神、戦の神として信仰を集めていました。

現代のご利益としては、以下のものが代表的です。

  • 無病息災
  • 健康長寿
  • 病気平癒
  • 百時成就

といったものです。とくに、神武天皇の窮地を救ったことから、窮地から大復活を遂げる起死回生のご利益があるとも言われています。

このあとご紹介する布都御魂を祀る神社では「起死回生」と書かれたお守りが配られており、そのお札を受け取りに全国から奈良に参拝者が集まることからもそのパワーは折り紙付と言えるでしょう。

布都御霊が祀られている神社

神武天皇の東征成功のあと、宮中に祀られていた布都御霊を祀っている神社は2か所だけです。
布都御魂の加護を受けるためにぜひともお参りしたいその2ヶ所の神社を紹介していきましょう。

石上神宮

まず最初にご紹介したいのは、物部氏の総氏社でもある石上神宮(いそのかみじんぐう)です。

神武天皇の東征後、宮中で祀られていた布都御霊ですが、第10代崇神天皇が創建した奈良の石上神宮に祀られることとなります。

その後行方が分からなくなっていたのですが、明治時代に大宮司により禁足地から発掘され、現在は本殿に移され祀られています。

所在地奈良県天理市布留町384
電話番号0743-62-0900

鹿島神宮

布都御魂はもともと武御雷が使っていた剣であることから、武御雷を祀る鹿島神宮でも布都御魂は祀られています。

鹿島神宮が管理しており、国宝に指定されている直刀黒漆平文大刀拵(チョクトウクロウルシヒョウモンタチゴシラエ)という剣は、実は本物の布都御霊の剣ではないかと言われていますが、公式には本物を模して作った2代目の神の剣と紹介されています。

また、鹿島神宮では布都御霊ではなく、韴霊剣と日本書紀の名称で祀られています。
関東にお住まいの方にとってはお参りしやすい神社でしょう。

所在地茨城県鹿嶋市宮中2306-1
電話番号0299-82-1209

この2つの神宮の中でもとくに石上神宮は強力なパワースポットです。

奈良の天理市の外れにありアクセスが良いとは言えない場所にありますが、神社に一歩足を踏み入れると神様の気配を強く感じるひんやりとした空気に満ちています。

境内には神様のお使いとして鶏があちこちにおり、自由に動き回っているのが印象的です。

鹿島神宮の御祭神である武御雷を祀る摂社があったりと、布都御魂の物語を知っていると、日本という国の成り立ちを布都御魂に感謝する深い心で参拝することができるでしょう。

起死回生のパワーをいただく時だけでなく、人生で一度は足を運んでいただきたい神社です。

布都御霊からのスピリチュアルメッセージ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

布都御霊は、神代三剣にも数えられる神々が受け継いできた神剣ですが、実は布都御霊はだれも斬ってはいません。

斬ることなく、パワーによって相手の戦意を失わせてしまうほどの威力をもつ剣だといってもいいでしょう。戦わず、一滴の血も流さず勝負をつけてしまう…人の世には本来、争いなどなくていいというメッセージを伝えているかのようです。

最後に布都御魂からのスピリチュアルメッセージをお届けします。

窮地に陥った時、本当に弱っているのは
あなたの「心」です
危機を跳ね返す明るい心が
状況を良い方へ導きますよ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG