祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

【2023年】土星人マイナスの運勢は?年運や月運、恋愛運など解説【六星占術】

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

【2023年】土星人マイナスの仕事運

2023年の土星人マイナスの仕事運は、積極的な姿勢が功を奏する上昇運です。

年運「立花」の時期は、一昨年ごろから続けてきた努力が大きく花開いて周囲からの評価が上がり、昇進やビッグプロジェクトへの抜擢など、チャンスに恵まれる一年になります。突然、周りの反応が変わったように感じて戸惑うこともあるでしょう。

しかし、あなたの実力がようやく正当に評価されただけのことですので堂々としていてください。むしろ少しアピール過剰なくらいでちょうど良いのです。

あちらこちらから良い話が舞い込んでくるあまりに、迷いを感じやすいかも知れません。そのようなときには、誰かに相談することで心の整理が上手にできそうです。

【2023年】土星人マイナスの転職

2023年の土星人マイナスの転職運は、人とつながることによって状況が好転する運勢です。

土星人マイナスは真面目で控えめな性格から、自分の可能性を勝手に狭めてしまいがちなところがあるのですが、年運「立花」にあたる2023年は視野をもっと広げましょう。

努力が実を結び、実力を評価されやすい時期ですので、転職先を探す際には思い切ってひとつ上の希望条件に手を伸ばしてみるのも良いです。

また、家族や友人など周囲のひとたちのほうが、あなたの長所や才能を理解していることも多いので、相談したり協力を仰いだりすることで、よりスムーズに転職活動を進められるでしょう。

この時期に就いた仕事には生涯に渡り携わっていくことになりそうです。

【2023年】土星人マイナスの恋愛運

2023年の土星人マイナスの恋愛運は、モテ期到来の好調運です。

これまで異性に縁のなかった人ほど、不思議なほどモテ始める可能性が高いでしょう。

魅力にあふれる人でありながら、控えめで気配り屋な土星人マイナスですが、2023年はその魅力を隠しておくことが出来そうにありません。周囲が突然あなたの良さに気付き始めるのです。

住む世界が違うと勝手に思い込んで諦めていたような相手とも、お近づきになれるチャンスに恵まれます。知人からの紹介や、本人からの突然のアプローチといったようなことも増えるでしょう。この時期出会ったパートナーとは一生の付き合いになりそうです。

一方で、謙遜しすぎたり誰にでも良い顔をしたりすると運気が下がってしまいますので、自分の本心を見失わないように気をつけましょう。

【2023年】土星人マイナスの結婚運

2023年の土星人マイナスの結婚運は、生涯をともに過ごすパートナーに恵まれやすい好調運です。

お相手がいる場合には、これまでの恋愛の延長線上に、将来を見据えて絆を育んでいきたいと思う気持ちが、自然と沸き起こってくるようなタイミングでしょう。年運「立花」の時期をともに過ごす相手とは、生涯にわたる付き合いになる可能性が高いです。

結婚を今すぐ決めなくとも縁は続きますので、二人のペースを大切にしましょう。

また、お相手がいない場合には、思いがけない相手からの突然のプロポーズがあるかも知れません。あるいは結婚を前提とした交際などの申し込みも期待できそうです。

【2023年】土星人マイナスの引っ越し

2023年の土星人マイナスの引っ越し運は、今が最適な幸運期です。

年運「立花」を迎える2023年は、新しいことにチャレンジしていくことで道がどんどん拓けていくタイミングと言えます。住環境を変えることはその最たるものでしょう。

ずっと気になっていた人気の物件に空きが出たことがわかったり、長らく離れていた地元に戻るということもあるかも知れません。いずれの場合においても、この時期、気になった場所は、あなたが輝ける可能性を秘めた場所である可能性が高く、長期間住み続けることになりそうです。

運勢の流れで見ても、2024年には体調面が少し不安定になる傾向にありますので、心身ともにスタミナのある2023年は引っ越しに最適と言えるでしょう。

1 2 3

13星座に宿る本来の運勢から、あなたの金運を上昇させます。
太陽の通り道には、カレンダーから除外された13番目の星座があります。
神の意思を読み取るための星座占い、あなたの運勢を無料で上昇させます。

金運13星座占いはこちらからご登録ください。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次