祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

天之御中主神(アメノミナカヌシ)とは?ご利益や物語について解説

天之御中主神(アメノミナカヌシ)とは、古事記に登場する宇宙の最高神のことです。アメノミナカヌシ様は宇宙の中心存在であり、私たちとエネルギーを通してつながっていると考えられています。この記事では、少し不思議な魅力を持つアメノミナカヌシについて解説していきます。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

天之御中主神(アメノミナカヌシ)とは?

天之御中主神(アメノミナカヌシ)は、日本神話において天地の始まりに最初に現れた神様とされます。

天之御中主神に次いで、高御産巣日神(タカミムスビ)、神産巣日神(カミムスビ)が生まれ、合わせて「造化三神」とも呼ばれます。

また、天之御中主神は、擬人的な神様というイメージではなく、私たちが存在する全宇宙を統一する「宇宙システム」とする考えもあります。そのため、神様のなかでも特別な存在として位置づけられています。

天之御中主神(アメノミナカヌシ)とは?ご利益や物語について解説天照大御神

アメノミナカヌシらは別天神(ことあまつかみ)と呼ばれ、イザナギ、イザナミなど、古事記の神々は別天神が現れた後で登場します。

天之御中主神の別称

天之御中主神は、「天之御中主尊(アメノミナカヌシノミコト)」という別名でも表記されます。
また、「妙見さん」として親しまれることも多い存在です。

天之御中主神(アメノミナカヌシ)の物語

天之御中主神の物語は少なく、日本のさまざまな神様が登場する古事記でも「天地が分かれたときに初めて高天原(神様の住む場所)に現れた神様」として冒頭にしか記載されていません。そのため、謎が多い神様と言われています。

しかし、天之御中主神は、光の玉として偉人の前に現れたという話がいくつかあります。ここでは、天之御中主神と偉人の話を紹介します。

斎藤一人さんと光の玉

2000年代に長者番付日本一に輝いた実業家・斎藤一人(さいとうひとり)さんは、自分の成功について解説されるとき、よく「神様が知恵を貸してくださった」と言われます。「自分の成功は自分の努力によるものではなく、天が助けてくれた」とおっしゃる言葉からは、非常に謙虚な姿勢が感じられますね。

しかし、よくよくお話を聴いてみると、実は謙遜ではなく、光の玉として神様が現れて知恵を伝授してくださった、というような話ぶりをされます。そして、その神様こそが、天之御中主神だったのです。

多くの偉人の前に光の玉として現れる天之御中主神

天之御中主神は、光の玉として偉人の伝記に度々登場します。真言宗の開祖である空海の前にも現れたとされ、そのことが伝記にも記述されています。

空海が洞窟にこもり真言を何百回と唱える修行をしていた時、 光の玉が現れて空海の口に飛び込んできたのです。その後、空海は超人的な記憶力や直感力を身に付け、唐に密教を学びに行くのでした。

1 2 3

13星座に宿る本来の運勢から、あなたの金運を上昇させます。
太陽の通り道には、カレンダーから除外された13番目の星座があります。
神の意思を読み取るための星座占い、あなたの運勢を無料で上昇させます。

金運13星座占いはこちらからご登録ください。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次