LINE登録で無料プレゼントをお配りしています

財布の色と風水での意味について解説!金運が上がる財布は何色?

目次

財布の色が持つ風水的な意味

お財布に取り入れることでご自分の思い描いた金運の結果を手に入れるには、「色」の持つ意味を理解することが一番の近道です。

風水的な意味合いを「色別」でご紹介します。

財布の色が黄色の場合の風水的な意味

「財布の色は自分の状態に合った色を選ぶ」章の「黄色の財布がいいというわけではない」項目でご紹介しました通り、お財布に「黄色」を取り入れた場合の意味は「お金が絶えず入り、絶えず出る」金運を呼び込むことにつながります。

つまり、お金は自然界の川のようにあなたのそばに存在しますが、手元のお金は川を流れる水のように常に入った分は出ていくという回転率が良くなることにつながります。

「収入を増やす、貯蓄をしたい」方には向かないお財布の色です。

では、どのような方に「黄色」のお財布が向いているのでしょう。

例えば、個人でネットビジネスを始めた方が、サイトを開設してもアクセス数が伸びない時などに「黄色の財布」を持つと、サイトに訪れお金を落とす回転数を上げることにつながる金運の流れを呼び込めるのではないでしょうか。

財布の色がグレーの場合の風水的な意味

「グレー」のお財布は、汚れが目立ちにくく、上品で落ち着いた印象を与えてくれる人気カラーですよね。風水で「グレーのお財布」の持つ意味は、「集めた富を留まらせる」ことです。

無駄遣いをしたくない時に「グレーのお財布」を持つと、衝動買いを抑制してくれます。

例えば、平均的な収入があるのにお金の管理が苦手で、通信費や家賃など月末の支払いが厳しい方が「グレーのお財布」を持つことで、無駄遣いを抑制する気の流れの影響を受けることができます。

また、旅行に行くとき、「グレーの財布」を持って出かけることもおすすめです。

旅行から帰った時に、「旅先の雰囲気にのまれて何に使うかわからないものを買ってしまった」と後悔することを防いでくれることにつながります。

財布の色が緑の場合の風水的な意味

緑色のお財布はさわやかで健やかな印象を与え、ビビットな色あいであればファッションのアクセント使いにも最適ですよね。

風水で「緑色のお財布」の意味は、「成長と再生」です。

植物の新芽から新緑の葉が息吹くように、「緑色のお財布」を持つことで、今あるお金が新しいお金を生み出し、使った分だけ戻ってくる金運の流れを呼び込むことにつながります。

また、風水で「緑色」は健康運や恋愛運も向上させる意味を持っています。

穏やかな精神が健康で美しい身体を保ち、良い商談や良縁引き寄せる開運カラーです。

結婚のご予定がある方、これから良い伴侶を見つけるために蓄えを増やしたい方におすすめです。

財布の色が黒の場合の風水的な意味

お財布の色の中で、「黒」は利用している方が多いのではないでしょうか。

風水で「黒いお財布」の意味は、「信頼を得る、保つ」です。

今ある財産を保ち、社会的ステータスを安定させる運気を引き寄せることにつながります。

収入を増やす、財産を増やすといった金運アップを呼び込むことにはつながりません。

「黒いお財布」は、現状に満足して、状態を保ちたい方におすすめです。

財布の色がベージュの場合の風水的な意味

「ベージュ」のお財布は、上品で夏のファッションアイテムとして活躍することが多いのではないでしょうか。

しかし、硬貨やカードの出し入れを繰り返すうちに、汚れが目立つので、オールシーズン使うには頻繁に掃除や手入れが必要です。

そのため「ベージュ」のお財布を持っている方は少数派と言えますが、実は一般的な認識の金運アップに効果が高い色のお財布なのはご存知でしょうか。

「ベージュ」はお金を蓄え出費を抑える「茶色」と、お金を引き寄せ貯める「白」の二つの特性を併せ持っています。

風水で「ベージュのお財布」の意味は、誰もが切実に願う「収入を増やし蓄える」です。

「ベージュのお財布」の効力を保つには、「白」の特性を生かすために常に手入れをして清潔な印象を保つことがカギです。

お手入れが苦手で、汚れたまま持ち歩いている、「お金を引き寄せる」気の流れが滞り、「蓄える」影響しか受けられないのでご注意下さいね。

財布の色が赤・オレンジの場合の風水的な意味

「赤」はワンポイントや差し色で取り入れると、目を引きつけられます。

しかし、ファッションでも「赤」を使いこなすのは難しいと言われる事があるように、風水でも使い方に注意が必要な色と言えます。

「赤」は風水の「五行思想」で自然界を表した5色のうちの一色で、「火」を表しています。

「火」は熱を持ち、焼き尽くすため、「(金属の)金」や「植物」との相性が良くありません。

そのため、風水では「赤いお財布」の意味は「散財」です。

しかし、「赤」には火が熱を発し勢いよく燃える力強さから、「パワーアップ」や「瞬発力」の意味合いもあるため、ワンポイントや縁取りに「赤」が入ると「他の運気を強めてくれる」効果もあります。

どうしてもビビットな赤系統のお財布をファッションとして取り入れたい場合は、「オレンジ色のお財布」(または橙や山吹色のお財布)をおすすめします。

「オレンジ色」は「赤」と「黄色」が合わさった色です。

「黄色」が強く出た明るいオレンジ色の場合、「お金回りに勢いが付く」ので、起業して新規顧客を確保したい時期などに「オレンジのお財布」を持つと勢いがついて商売が軌道にのる金運を引き寄せることにつながります。

財布の色がピンクの場合の風水的な意味

「ピンク色のお財布」を持ち歩くほとんどの方は女性ではないでしょうか。

ピンク色というと女性らしさをイメージするのが一般的な認識です。

しかし、欧米では「ピンク色」のイメージは、「健康的な肌や歯茎の色つや」から「健康」や「健全」を意味します。

風水での「ピンク色」は、(金属の)金を意味する「白」と火を意味する「赤」の混合色です。

自然界の「火」は「(金属の)金」を溶かすため、風水では相性の良くない物質という考えがあります。

しかし、金属の加工に「熱」はなくてはならないエネルギー源です。

「金」が熱の力によって造形を変え、装飾性を増すと価値が上がるように、「ピンク色のお財布」を持つことで、出て行ったお金が形を変えて価値を増すような金運を引き寄せるのです。

そのため、風水で「ピンク色のお財布」の意味は、「良好な人間関係からもたらされる財」です。

人を介して良い縁談が舞い込むことが想定されるため、「恋愛運も上がる」という認識で「ピンクのお財布」を持つのも良いでしょう。

男性の場合、「ピンクは女性の色だから」と倦厭しがちですが、そんな時は「ピンクゴールドの装飾や加工をされたお財布」を持つと、思ってもみなかった形で財産を増やすことにつながるので、ぜひ「ピンク色のお財布」に挑戦してみて下さいね。

財布の色が青の場合の風水的な意味

晴れ渡った空を水面に写した水を「青」と感じる方もいらっしゃる時代に推移してきましたね。

奈良時代から平安時代末期まで日本では「緑」を「青」と呼ぶ文化があり、それは現代でも深く根付いています。

風水の「五行思想」でも「青」は、自然界の青空やその色を映した水のことではなく、「植物」を表した色です。

「植物」は、春になると土から芽を出し、葉を広げ、空に向かって高く背を伸ばしていきます。

風水において「土」は「財産を蓄える」意味合いがあり、その土から芽吹き、更に背を伸ばす「植物」は「お金を生み出す、蓄えを放出する」相反した意味があります。

つまり、「青いお財布」も持つことで、仕事がうまくいって「お金を作り出す金運」を手にすることもできますが、さらなる利益のために投資をするように「お金も出ていく」運気も持ち合わせるのです。

そのため、青一色のお財布ではお金を留めることができません。

どうしても青系のお財布をお持ちになりたい方は、「金」を表す「白」にワンポイントや裏地の差し色として「青」が使われたお財布をおすすめします。

しかし、「水色のお財布」を持つと、お金が流れ出る性質が強まるのでご注意下さい。

財布の色が紫の場合の風水的な意味

「紫色」は日本の奈良・平安時代では「高貴な人」だけにしか身に着けることが許されなかった色でした。

日本だけではなく、古代ヨーロッパにおいても「紫色」に染色した布は大変貴重でした。

その理由は、染色に使う材料が植物の根や貝の内臓だったため、苦労して集めてもごくわずかな量の染料しか作ることができなかったからです。

古代中国で生まれた風水では自然界を構成する5色に「紫色」は含まれておりません。

そのため、貴重な紫の布を使った着物を身に付けられた「高貴な人物」を表す色としての認識が強く、現代風水においては「社会的ステータスの開運色」として位置づけられています。

風水で「紫のお財布」の持つ意味は、「金運」ではなく「出世運」が強まる意味があります。

大手企業でも月給制で働く方が昇進を望む時や、資格や技術を身に着けてこなせる仕事をステップアップしたい方に「紫のお財布」はおすすめです。

財布の色が茶色の場合の風水的な意味

「茶色のお財布」は「黒」の次に、多くの人が選ぶ色ではないでしょうか。

その選択は、金運においてとても良い作用があります。

風水で「茶色いお財布」の意味は、「蓄える、浪費を減らす」です。

「茶色」は自然界の「土」に属して考えられるため、植物を育て、鉱脈を蓄える気質を表す色です。

今、「茶色いお財布」をお使いの方で買い替えをご検討中の方は、装飾に「金」が付いた「茶色いお財布」を選ぶと、更に金運を引き寄せられますよ。

財布の色が白の場合の風水的な意味

純粋で高潔な「白」は、白無垢やウエディングドレスにも使われていますね。

「白」は、風水の「五行思想」の5色のうちの一色で、自然界の「(金の)金」または「純金」を表します。

金運アップを考えるなら、「白いお財布」は最適です。

「白」は汚れが目立つので、オールシーズン使い続けるのは厳しいと考えがちですが、手入れや掃除を心がけることで、清掃や整理整頓に関心が向き、物事を分類して考えることができるので、ビジネスの成功や人からの信用を得ることにもつながります。

「純白」を保つことで、常に新たな機会を手に入れる運気を引き寄せることにつながります。

小さな失敗や衝突も「白いお財布」をきれいに保つことで、新たなきっかけに変える流れをつかみやすくなるでしょう。

1 2 3
天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次