夏越の大祓とは?|夏越の大祓が行われる神社と御朱印も紹介

全国の多くの神社では年に2回、夏と年末に心身の穢れを祓う「大祓」がおこなわれ、夏の時期(6月)に行われる大祓を「夏越の大祓」と言います。この記事では、夏越の大祓とはどのような祭事かを解説し、夏越の大祓が行われる神社をご紹介します。

夏越の大祓とは?

夏越の大祓とは、人形(ひとがた)や形代(かたしろ)を用いて罪や過ちを祓い、心身の穢れを取り除く祭事です。

多くの神社では、夏の時期と冬の時期の年に2回、「大祓」を行っています。大祓を行うことで、清らかな心で生活できたり、降りかかる厄災を回避できたりするとされています。

穢れを祓う行為は古くから日本に根付いており、日本最古の歴史書と言われる古事記でもイザナギが黄泉から帰還した際に穢れを祓うシーンが描かれているように、日本人にとっては重要な意味があります。

半年ごとに大祓を行うことによって、心身を清めると同時に、自身の行いを振り返るきっかけにもなるのではないでしょうか。

また、夏越の大祓時期は、茅の輪くぐりを設置する神社も多くあります。茅の輪をくぐることによって、さらに心身の穢れを祓い無病息災を願うことができるため、この時期に参拝に訪れる方も多くいます。

夏越の大祓はいつ行われる?

夏越の大祓は、基本的に毎年6月30日(神社によって若干異なります)に各神社で行われます。

祭事自体は1日のみとなりますが、茅の輪くぐりについては祭事の数週間前から設置されていたり、祭事後1ヵ月間程度設置されていたりします。茅の輪くぐりを設置している神社によって期間が異なりますので、公式ページや電話での問い合わせなどで確認しておくとよいでしょう。

なお、冬の時期の大祓は、基本的に12月31日に行われ、「年越の大祓」と言われています。

初穂料はいくらくらい?

夏越の大祓の初穂料は、基本的に決まっていません。

というのも、そもそも祭事に関わる初穂料は神様への感謝の気持ちをお供えするものだからです。そのため、初穂料は無理のない範囲かつ、神様に失礼のない金額を気持ちとして納めてください。

ただし、夏越の大祓に参加すると、参加した証として茅の輪の御守りや御幣(ごへい)などが届くことが多いです。そのため、茅の輪の御守りや御幣などの制作費、送料を考えた初穂料を納めるのが一般的です。

初穂料の相場は500円~5,000円程度と言われていますが、東京都の神田明神のように、あらかじめ公式ページに初穂料の記載がある神社もあります。初穂料は地域や神社によって異なるため、公式ページや電話での問い合わせなどで確認しておくとよいでしょう。

茅の輪くぐりの作法

茅の輪くぐりの作法は、基本的に祝詞を唱えながら「左まわり→右まわり→左まわり」の順番で八の字を書くように3回茅の輪をくぐります。

茅の輪くぐりの流れは以下のようになります。

  1. 茅の輪の正面で一礼
  2. 左まわりに茅の輪をくぐる
  3. 右まわりに茅の輪をくぐる
  4. 左まわりに茅の輪をくぐり、神前に行き参拝

ただし、地域や神社によっては茅の輪をくぐるたびに一礼を行ったり、4回茅の輪をくぐったりする場合もあります。その他、細かい作法が決められていることもあるため、事前に正しい作法を確認しておくとよいでしょう。

また、茅の輪をくぐる際は、祝詞を唱えるのが一般的です。地域や神社によって唱える祝詞は異なりますが、代表的な祝詞として以下のようなものがあります。

  • 祓へたまえ、清めたまへ、神(かむ)ながら守りたまへ、幸(さきわ)へたまへ
  • 水無月(みなつき)の夏越祓(なつごしはらえ)するひとは、千歳の命延ぶというなり
  • 蘇民将来(そみんしょうらい)、蘇民将来

夏越の大祓が行われる有名な神社と御朱印

ここでは、夏越の大祓が行われる有名な神社と御朱印をご紹介します。心身の穢れを祓い清めたい方は、参加してみてはいかがでしょうか。

神田明神

東京都千代田区の神田明神は、大己貴命(大国主)少彦名命を祭神とする神社です。

神田明神では、6月30日の午前から夏越の大祓が行われており、この時期は境内に茅の輪も設置されています。

また、夏越の大祓では、普段とは違った夏越の大祓限定の御朱印をもらうこともできますので、参加された方は御朱印ももらってみてはいかがでしょうか。

なお、神田明神では6月30日に夏越の大祓をライブ配信しています。詳しくは神田明神の公式サイトでご確認ください。

所在地東京都千代田区外神田2丁目16-2
電話番号03-3254-0753

大宮氷川神社

須佐之男命稲田姫(櫛名田比売)が祭神の大宮氷川神社では6月30日の午後2時より夏越の大祓が行われ、前後数日間は神橋の上に茅の輪が設置されています。

また、夏越の大祓が行われる日限定で、茅の輪守をもらうことも可能です。茅の輪守は数に限りがあるようですので、欲しい方は早めに参拝するとよいでしょう。

所在地埼玉県さいたま市大宮区高鼻町一丁目407番地
電話番号048-641-0137

橿原神宮

奈良県橿原市の橿原神宮(かしはらじんぐう)では、6月30日の午後3時より夏越が行われます。

茅の輪くぐりは、その年によって設置があったり、なかったりするようですので、気になる方は事前に電話等で確認しておくとよいでしょう。

所在地奈良県橿原市久米町934
電話番号0744-22-3271

出雲大社

https://twitter.com/kurokuma49/status/878877670020337664?s=20

島根県出雲市の出雲大社では、6月30日の午後4時より夏越の大祓が行われます。

茅の輪は設置されていませんが、夏越の大祓の祭事後に「輪くぐり神事」が行われます。

輪くぐり神事は、後ろに控えた神職がゆっくりと3回に渡って茅の輪を振り下ろしてくぐることで、茅の輪くぐりと同様に穢れを祓います。一般的な茅の輪くぐりとは違った体験ができるので、参加してみてはいかがでしょうか。

所在地島根県出雲市大社町杵築東195
電話番号0853-53-3100

八坂神社

「祇園さん」の愛称で親しまれている京都府京都市の八坂神社では、6月30日の午後3時より夏越の大祓が行われ、境内には茅の輪も設置されます。

茅の輪は、夏越の大祓が行われる6月30日のほか、疫神社夏越祭が行われる7月31日にも設置されますので、夏越の大祓を逃してしまった方は疫神社夏越祭へ参加してもよいでしょう。

所在地京都府京都市東山区祇園町北側625番地
電話番号075-561-6155

熊野神社

伊邪那美天照大御神なども祀られている京都府京都市の熊野神社は、京都三熊野(新熊野神社、熊野神社、熊野若王子神社)のなかでも最古の社とされ、歴史の古い神社です。

夏越の大祓は、6月30日午後6時より行われ、境内には茅の輪も設置されます。

なお、新熊野神社や熊野若王子神社でも夏越の大祓は行われますので、最寄りの神社を選択して参加してみてはいかがでしょうか。

所在地京都府京都市左京区聖護院山王町43
電話番号075-771-4054

夏越の大祓についてまとめ

夏越の大祓は、半年の間に蓄積された心身の穢れを祓い清める祭事で、基本的に6月30日に全国各地の神社で行われます。穢れを祓い清めることによって、その後の半年間は清らかな心で生活できたり、降りかかる厄災を回避できたりするとされています。

また、夏越の大祓と同時に茅の輪を設置する神社も多く、茅の輪をくぐることでさらに穢れを祓えるとされています。

夏越の大祓は、半年間の自身の行いを振り返るきっかけにもなるため、参加してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。
アマテラスチャンネルのLINE公式アカウントに「はらいたまえ」と入力してください。
プレゼントをお送りいたします。

LINE公式アカウントはこちら

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG