邇邇芸命(ニニギノミコト)とは?天孫降臨の神の物語やご利益、神社を解説

邇邇芸命(ニニギノミコト)は、天照大御神の孫で、現代の天皇の祖先に当たる神様です。
古事記の天孫降臨において、高千穂峰に天下った天孫とは瓊瓊杵命を意味します。

邇邇芸命(ニニギノミコト)とは?

https://www.pinterest.jp/pin/765893480379015261/

ニニギは、天照大御神の孫で天皇の直径の先祖とされています。ニニギが天界から地上に降りることを天孫降臨と呼び、古事記の中でも色々な神が登場する大変面白い部分です。

瓊瓊杵命の父は天照大御神の子で稲霊を神格とする天忍穗耳尊(アメノオスホミミノミコト)、母を皇祖神で創造の神高御産巣日神(タカミムスビノカミ)の娘栲幡千千姫命(タクハタチヂヒメノミコト)の子として産まれた瓊瓊杵命は天照大御神の孫に当たります。

代々受け継がれ、今でも天皇の儀式に欠かせない三種の神器は、天孫である瓊瓊杵命が高天原から葦原中津国に天下る際に与えられたものです。

邇邇芸命の名前の由来

邇邇芸命もしくは瓊瓊杵尊と呼ばれますが、本来の名前とされるのは非常に長いため用いられている通り名のようなものです。

日本書紀で最初に登場する名前は、天津彦彦火瓊瓊杵尊(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)、古事記では天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニギシクニニギギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)として記されています。

日本書紀の「アマツヒコ」は、高天原に関わる神様を讃える際に使われる名称です。
古事記の「アメニギシクニニギシ」は天と地の親和性を司っている意味とされています。
また、「日子(ヒコ)」の部分は、天照大御神の嫡流の男子、つまり貴種であることの証明です。

日本書紀、古事記に共通し、通り名のように使われている「ニニギ」は、賑やかの語源とされるもので、稲穂が賑々しく成るという意味で、ここから邇邇芸命が農業を司る神だということがわかるでしょう。

邇邇芸命の別称

天孫降臨の主人公だけに、古事記、日本書紀の中にたびたび登場する邇邇芸命ですが、別称もそれだけ多いといえます。

日本書紀

  • 天津彦国光彦火瓊瓊杵尊(アマツヒコクニテルヒコホノニニギノミコト)
  • 天津彦根火瓊瓊杵尊(アマツヒコネホノニニギノミコト)
  • 火瓊瓊杵尊(ホノニニギノミコト)
  • 天之杵火火置瀨尊(アメノギホホギセノミコト)
  • 天杵瀨命(アメノキセノミコト)
  • 天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊(アメニギシクニニギシアマツヒコホノニニギノミコト)

古事記

  • 天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト
  • 天津日高日子番能邇邇芸命(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)
  • 天津日子番能邇邇芸命(アマツヒコホノニニギノミコト)
  • 日子番能邇邇芸命(ヒコホノニニギノミコト)

として登場しています。

古事記では「日子」という天照大御神の嫡孫の文字が目立つのに対し、日本書紀では「天」という文字とともに「杵」が目立ちます。

杵というとお正月の餅つきが連想されますよね。

臼とともに穀物の脱穀に使われる道具であることは、みなさんもご存知でしょう。

神話に登場する名称は役割りや地位を表すことが多く見られることから、邇邇芸命が農業や稲と密接な関係をもつのがわかります。

邇邇芸命の物語

古事記の天孫降臨の主人公ともいえる神である邇邇芸命だけに、神話は数多く残されています。
その中でも代表的なものを、シンプルにわかりやすく紹介していきましょう。

邇邇芸命の天孫降臨

https://www.pinterest.jp/pin/765893480376540473/

葦原中津国の平定を終えた天照大御神は、息子である天忍穗耳命に統治するよう伝えますが、準備の最中に産まれた邇邇芸命にその役割を与えます。
こうして、幼子の邇邇芸命は真床追衾(まことおふすま)に包まれ、勅命により天降りをすることになるのです。

猿田彦大神の先導で、天児屋命(アメノコヤネノミコト)をはじめとした五伴緒(いつとものお)と呼ばれる5柱の神を従え、三種の神器を与えられた邇邇芸命は日向(現在の宮崎県)の高千穂峰に降り立ちます。
さらに良い場所を探した邇邇芸命は、笠沙岬に至りここに宮殿を建て本格的に葦原中津国の統治を始めていくのです。

この時に、ニニギを待ち構え高千穂まで導いたのが、みちひらきの神様と呼ばれる猿田彦です。

永遠の命を失った邇邇芸命

邇邇芸命は、笠沙岬で出会った木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)という美しい娘を気に入り妻にするため、父の大山津見神(オオヤマツミノカミ)を訪ねます。

https://www.pinterest.jp/pin/765893480378876614/


すると大山津見神は、木花之佐久夜毘売とともに姉の石長比売(イワナガヒメ)も嫁がせます。
妹と違い石長比売は美しいとはいえず、邇邇芸命は断ってしまうのです。
しかし、この姉妹との縁談には意味がありました。

https://www.pinterest.jp/pin/765893480379659468/

木花之佐久夜毘売は、花を咲かせ実をつけるように繁栄をもたらす力をもつものの「花の命は短くて…」という言葉通りに命に限りがあり、石長比売は見掛けは悪くても岩のように丈夫で永遠の命を与える力をもっていたのです。
大山津見神は、それをわかっていたため勧めたのですが、邇邇芸命が断ってしまったため、自分の子孫や地上に住む人々の命は限りあるものになってしまいます。

天皇(人)に寿命があるのは、美しさに目を奪われてしまったニニギのこのときの選択が理由となったわけです。

邇邇芸命のご利益

 邇邇芸命は、三種の神器と三大神勅をもとに、葦原中津国を豊かな国にしていきます。
神格を農業神、稲穂の神、皇統の祖神とする邇邇芸命は、気候に恵まれた土地を選んで行きます。
結果、稲穂は豊かに育ち、富や財を生んだことから争いごとも起こらない国を作ったのです。
そんな邇邇芸命のご利益はどんなものになるのでしょうか?

  • 国家安泰
  • 五穀豊穣
  • 家内安全
  • 畜産振興
  • 厄除け
  • 富貴栄達

単体の人というよりも、国を豊かにした神である邇邇芸命のご利益は、大局に立ったものが目立ちます。

邇邇芸命を祀る神社

邇邇芸命が天孫降臨によりたどり着いたのは、高千穂峰だといわれていますが、南九州を中心にほかにも伝承として残されている土地があります。
その伝説が残る場所に建立された神社のうち代表的な3つの神社を紹介していきます。

高千穂神社

高千穂神社に祀られているのは、邇邇芸命を含めた日向3代の皇祖神とその配偶神の総称高千穂皇神を祭神としています。
とくに縁結びのご利益があるといわれている神社です。

境内にある2本の杉の幹がつながった巨樹は、夫婦杉と呼ばれています。
恋人や夫婦と手をつないで3回周ると、恋愛成就、家内安全、子孫繁栄のご利益あるといわれ、現代でもパワースポットとして人気のある神社です。
 

所在地宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
電話番号0982-72-2413

霧島神社

境内を流れる御手洗川には、邇邇芸命が高天原から持参した真名井の水が混ざっているという逸話があります。

また、御手洗川は霧島神社から250メートルほど離れた岩穴から湧き出ているのですが、11月から4月まではかれた状態になるにもかかわらず、5月ごろになると魚とともにかなりの水量が湧き出てくるのです。
霧島の七不思議に数えられる御手洗川は、天孫降臨とともに霧島神社の神秘性を高めているといえるでしょう。

所在地鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
電話番号0995-57-0001

新田神社

新田神社が鎮座する初亀山には、邇邇芸命の陵墓があり、皇室も参拝するという由緒ある神社です。
邇邇芸命が瑞穂の国を治めた後、次に治めた土地だという伝承があります。

所在地鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2
電話番号0996-22-4722

邇邇芸命からのスピリチュアルメッセージ

いかがでしたでしょうか?
天孫降臨の主人公である邇邇芸命は、日本国で最初に政をした神様で、天皇の先祖とされています。
豊かな国を築いたという物語とともに、美しさに目を奪われ永遠の命を失ったという神様でありながら、人に近い感情をもっていたことから、親しみが感じられるのではないでしょうか?
この決断は人の寿命を決めてしまう、間違ったもの…と映るかもしれません。
ただ、限りある命だからこそ大切にしなければならないというメッセージが込められているようにも伝わります。

最後に、邇邇芸命からのスピリチュアルメッセージをお伝えしますね。

心を磨きましょう
傲慢や虚栄心が導きの光を曇らせます
謙虚さと感謝こそが神の御心です

最後までお読みいただきありがとうございました! 

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG