思金神(オモイカネ)とは?知恵を司る政治の神様のご利益や神社を解説

  • 3月 30, 2021
  • 4月 18, 2021
  • 神様

思金神(オモイカネ)は、日本神話に登場する神様のなかでも知恵や政治を司る特別な存在です。

有名な天岩戸神話や国譲り神話では、その知恵を十分に発揮する姿が描かれており、この神様を抜きでは神話を語ることができないでしょう。

この記事では、オモイカネがどのような神様なのか、物語やご利益など、様々な観点から解説させていただきます。

思金神(オモイカネ)とは?

オモイカネは天照大御神を天岩戸から引き出すために知恵を絞った神として覚えておきましょう。

オモイカネは、日本神話の中では二番目に生まれた神様とされる高御産巣日神(タカミムスビ)の子供です。

オモイカネの思金(兼)とは、「数多くの人々の知恵と思慮を兼ね備える」の意味があると考えられており、知恵や政治を司る神様とされています。

日本神話にも登場し、天岩戸という洞窟に天照大御神(アマテラスオオミカミ)が隠れた際、天照大御神を引っ張り出すための策を八百万の神に授けます。

また、国譲り神話では地上に派遣する使者の選定をおこない、天照大御神のブレインとしての姿が描かれています。

オモイカネの別称

オモイカネは、以下のような別称があります。

  • 思兼神
  • 八意思兼神(ヤゴコロオモイカネノカミ)
  • 八意思金神
  • 常世思金神(トコヨノオモイカネ)

また、オモイカネの別称である常世思金神は、常世から訪れて長寿・富・幸福をもたらすという意味があると考えられています。そのことから、オモイカネは「常世の神様」とも呼ばれています。

オモイカネの物語

オモイカネが登場する代表的な物語としては、先に触れているように「天岩戸神話」と「国譲り神話」があります。ここでは、オモイカネの物語についてご紹介します。

天岩戸神話では策の立案者として活躍

天照大御神は、自身が治めている高天原で弟の須佐之男命(スサノオノミコト)が乱暴狼藉の限りを尽くす姿に怒りと情けなさを感じ、天岩戸という洞窟に引きこもってしまいます。

太陽を司る天照大御神が洞窟に引きこもったことによって、外界は闇に覆われ、食物は育たず、病気が蔓延してしまいます。

この事態に困った高天原の八百万の神々は、どうにかして天照大御神を洞窟から引っ張り出そうと知恵を絞ります。この際、天照大御神を引っ張り出すための儀式の立案を行ったのがオモイカネです。

オモイカネは儀式の準備として、まず、常世の長鳴鳥(トコヨノナガナキドリ=鶏のこと)をなるべく多く集めて鳴かせ、邪気を祓います。次に、天の安河の川上にある鉄や鉱物を使って、伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)に大きな「八咫鏡(ヤタノカガミ)」を、玉祖命(タマノオヤノミコト)にたくさんの勾玉を長く連ねた「八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)」を作ってもらいました。

そして、祝詞の神である天児屋命(アメノコヤネノミコト)と占いの神である布刀玉命(フトダマノミコト)に頼み、天香山の牡鹿の肩の骨を焼いて太占(占い)をしてもらい、一連の儀式を行うのに最も良い日取りを決めました。

オモイカネはたくさんの神を統率していたことから、政治の神様として各地で祀られています。

作戦決行時も指揮を執る

オモイカネは立案と準備だけではなく、儀式の指揮も行います。

まず、根から掘り起こした賢木(サカキ)の枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛をかけ、布刀玉命に捧げ持たせると同時に天児屋命が祝詞を唱え、顔をのぞかせた天照大御神を引きずり出すために天手力雄神(アメノタヂカラヲ)を岩戸の脇に立たせました。

そして、天宇受賣命(アメノウズメ)を呼び寄せ、伏せた桶の上で踊ってもらいました。天宇受賣命が裸同然の姿で踊ったことによって、周りの八百万の神々は大いに盛り上がります。

すると、外の様子が気になった天照大御神が岩戸の隙間から「私がいなくて外は闇に覆われているはずなのに、何がそんなに楽しいの?」と尋ねてきました。その問いに対して、天宇受賣命が「あなたよりもご立派な神様が現れたのですよ。」と答え、布刀玉命が八咫鏡を差し出します。

天照大御神は、鏡に映った自身の姿をその立派な神と思い、よく見るために岩戸をさらに開けました。すかさず、隠れていた天手力雄神が天照大御神を引っ張り出し、布刀玉命が注連縄を岩戸の入口に張って、「この縄より中には入らないでください」と言います。

こうして、天照大御神の引きこもりは終わりを迎え、外界に光が差すことになります。ちなみに、天照大御神が天岩戸に引きこもる原因を作った素戔嗚尊は、手足の爪を剥ぎ取られて、高天原を追放されます。その後、有名な八岐大蛇神話へと繋がっていきます。

国譲り神話では数度の失敗も

オモイカネは、天照大御神が大国主(オオクニヌシ)から葦原中国を譲り受ける際、大国主への使者の選定にも助言をしています。知恵の神であるオモイカネが数度の失敗をしてしまう物語となっており、賢人も失敗することがあるという教訓のような話になっています。

以下、古事記を参考に物語をまとめています。

大国主は、葦原中国の国づくりを完成させました。すると、天照大御神は、葦原中国を治めるのは自分の息子である天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)が適任であると考えます。

天照大御神は、大国主への使者として誰がよいのかを迷っていましたが、オモイカネの助言に従って、まず、天穂日命(アメノホヒノミコト)を使者として派遣します。しかし、天穂日命は大国主の家来になってしまい、3年間連絡がありません。

そこで、オモイカネは、次に天若日子(アメノワカヒコ)を使者として送ることを提案します。天照大御神は、天若日子に天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ=弓)と天之羽々矢(あめのははや=矢)を授けて送りますが、今度は大国主の娘と結婚し、8年間音沙汰がありません。

全く連絡がないことを不審に思った天照大御神は、オモイカネの助言を受け、様子を見るために雉名鳴女(キギシノナナキメ)を天若日子の元に派遣しますが、雉名鳴女は天若日子に射殺されてしまいます。

このときの射た矢が高天原まで貫通し、天照大御神と高御産巣日神の所まで届きます。高御産巣日神が、その矢を掴んで投げ返すと、天若日子の胸に刺さり、死んでしまいます。

国譲りを成功に導く

送り出した使者がことごとく大国主に取り込まれてしまう状況に困った天照大御神は、再度オモイカネに助言を求めます。そして、オモイカネは、武甕槌命(タケミカヅチ)と天鳥船(アメノトリフネ)を派遣するように言いました。

地上に派遣された武甕槌命は、十掬剣(とつかのつるぎ)を抜いて逆さまに立て座り、大国主に国を譲るように命じますが、大国主は「子供の事代主(コトシロヌシ)の判断に委ねる」と言います。

大国主の言葉に従い、武甕槌命が事代主に国を譲るように言うと、あっさりと承諾します。このことを大国主に伝えると、大国主は「もう一人の息子、建御名方神(タケミナカタノカミ)にも聞いてください」と言いました。

建御名方神は話し合いでは承諾せず、力比べを持ちかけますが、武甕槌命はあっさりとねじ伏せます。こうして武甕槌命は、二人の息子から国譲りの了承を得ることに成功し、大国主もようやく国譲りを受け入れました。

ちなみに、天照大御神は、国譲りによって葦原中国を平定したのち、孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に葦原中国を治めるように言います。

勅命を受けた瓊瓊杵尊が葦原中国に降りる(天孫降臨)際にオモイカネも随伴しており、孫の天下りに随伴させるほど、天照大御神がオモイカネを信頼していることがわかります。

オモイカネのご利益

知恵の神様とされるオモイカネは、以下のようなご利益を授けてくださいます。

  • 学問・入試合格
  • 出世開運
  • 技術向上
  • 家運隆昌

また、「思金」という名前から、大工の道具の曲尺(かねじゃく)とつながり、建築関係のご利益があるとも考えられています。そのため、木工職人守護のご利益があるとして祀っている神社もあります。

オモイカネを祀る神社

知恵の神様であるオモイカネを祀っている神社は、日本各地にあります。ここでは、オモイカネを祀る神社を3つご紹介します。

秩父神社

秩父神社は、オモイカネを祀ったことに始まる由緒正しい神社です。

また、秩父地方では多くの神楽が伝わっており、秩父神社に伝わる神楽は「神代神楽」とも呼ばれ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

所在地埼玉県秩父市番場町1-3
電話番号0494-22-0262

戸隠神社

戸隠神社は、2,000年の歴史を誇るとされる神社です。

天岩戸神話では、天照大御神を引っ張り出した後、天手力雄神が岩戸を遠くへ投げ飛ばしたという説もあり、その際に飛来した岩戸が現在の戸隠山と言われています。

そんな戸隠山を中心として発展した戸隠神社では、天岩戸神話で功績を残した神様を祀っています。

所在地長野県長野市戸隠3506
電話番号026-254-2001

京都地主神社

全国に数ある地主神社のなかでも、京都の清水寺に隣接する京都地主神社が有名です。

主祭神ではありませんが、相殿神としてオモイカネが祀られています。また、京都地主神社は、恋愛のパワースポットとしても有名です。

所在地京都府東山区清水一丁目317
電話番号075-541-2097

オモイカネのスピリチュアルメッセージ

「知恵・思考・思慮」という概念を神格化した神様として様々な神社で信仰されているオモイカネは、高天原を主導する高御産巣日神の子でもあります。

オモイカネはその豊富な知識を活かして、日本神話の中の重要な場面に登場し、貢献している神様です。受験や大事な試験など控えた方はぜひ参拝してみてはいかがでしょうか?

また、長寿や富、幸福をもたらす神様でもありますので、皆さんもぜひ一度、オモイカネを祀っている神社に足を運んでみてください。

最後にオモイカネからのスピリチュアルメッセージをご紹介します。

自分一人でうまく行かないときは
人の力を借りてみましょう
誰かに上手に助けてもらえる時は
神様から追い風が吹いている証拠です

最後まで読んでいただきありがとうございました。

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG