龍体文字とは?|金運に効果がある?一覧や書き方を紹介

龍体文字(りゅうたいもじ)は、日本に漢字が伝わる以前に使われていた、神代文字(じんだいもじ)のひとつです。神代文字の多くは神社に納められ、古代から神事などに使われてきました。ここでは龍体文字を使うことによる効果や、龍体文字の書き方をご紹介します。

龍体文字とは?

龍体文字は5500〜5600年前に、宇摩志阿斬訶備比古遅(ウマシアシカビヒコジ)という神様が作った文字です。

龍体文字には48文字あり、1万2000年前に使われていた神代文字と言う古代文字のひとつです。神代文字には、龍体文字の他にもヲシテ文字やカタカムナ文字など、約30種類の文字が存在しており、いずれも文字自体に強いエネルギーの波動が宿っていると言われています。

中でも龍体文字には龍神のエネルギーが宿るとされていて、それぞれの文字に固有の意味とパワーがあります。

縄文時代に作られた文字?

龍体文字は、もともと日本人が縄文時代に使っていた神代文字のひとつです。

龍体文字の成立は5600年前と言われており、神代文字の中でも最古の部類で、5500年前にできたと言われるカタカムナ文字よりもさらに前にできていたようです。

もともと龍体文字は伊勢神宮に保存されていましたが、ある時、昭和天皇が龍体文字を本にするため、書道家の安藤妍雪(あんどうけいせつ)先生に依頼にしたことで一般に世に公開され、現代まで伝えられてきました。

龍体文字一覧

龍体文字の一文字一文字には意味があり、個別のエネルギーが備わっています。そしてそれを私たちは言霊(コトタマ)と呼んでいます。

龍体文字の一覧表をご紹介します。

  • 龍体文字はあいうえおに対応している
  • 全部で48文字から成り立っている。

龍体文字で書いた「ありがとう」

龍体文字で「ありがとう」はこのように書きます。

「が」はそのまま「か」と書きます。

心を込めて書くことで、言霊の力が引き出されます。

龍体文字で書いたフトマニ図

フトマニ図は、豊受大神(とようけのおおかみ)イザナギイザナミの両神に授けた「神の座席図」のようなものです。

龍体文字で書いたフトマニ図はこのようになります。

フトマニ図から様々なパワーが放出されると同時に、宇宙のエネルギーをキャッチするアンテナの働きもあるといわれています。

龍体文字をフトマニ図に落とし込むとき、一文字ずつそれぞれから神様の力の恩恵が受られるのです。

龍体文字の効果

龍体文字を書くことで、願望達成や運気アップなどの効果があると言われています。龍体文字を書いたものを壁や身の回りのものに貼ることで、その文字が持つ効果を得られます。

また、特定の言葉を書くことでその効果を引き出す使い方もあります。よく使われる龍体文字の一例をご紹介します。

「きに」

「きに」は痛みや苦痛を和らげてくれる文字で、生命エネルギーを高め、健康運アップの効果があります。

「つる」

群れで行動する鶴のように、人を集めることを表しています。共感や賛同を得たい時や、イベントなどでの集客をしたいときなどに効果を発揮します。

「く」

「くる」という言葉が元で、金運を呼び込む効果があると言われています。

「えて」

夢を実現させるパワーがあり、また心が通う真の友情が得られるとされています。

「よろ」

ソウルメイトや恋人など、あなたの大切な存在となる人との巡り合いを引き寄せる効果があります。

「ふ」

「ふ」は神様の聖なる息吹と言われ、邪悪なものを吹き飛ばし、祓い清めることに役立つ言霊です。また、増えるエネルギーなので、血流増加・冷え性改善にも効果的です。

「む」

「む」は、カラダが弱っている時や疲労感がある時に、回復力を高めるのに効果抜群です。

龍体文字の書き方

龍体文字の書き方について解説します。

書き順

龍体文字には決まった書き順がありませんが、五十音表のように、文字を配置する順番が決まっており、全部で48音あります。これらの音は、アマテラスオオミカミが選抜したといわれています。

龍体文字を書くときは、自分のお願いごとを強く想いながら書くことで、効果が得られやすくなります。

濁点

龍体文字には濁点の存在がなく、音のバリエーションが48音のみとなります。そこで濁点の入った言葉を書きたい場合は次のようになります。

例えば、「が」濁点や「ぱ」などの半濁点は、そのまま「か」や「は」と書きます。

使い方

龍体文字の活用方法の具体例をご紹介します。

例えば「きに」には、痛みを引かせる効果があります。病で痛む部位に直接「きに」と書いたり、「きに」を書いた湿布を貼っておくと治りが早くなります。

また、今の自分に必要な一文字を書いて待ち受けにするのもおすすめです。今の自分に必要な龍体文字をスマホの待ち受け画像に取り入れることで、開運のお守りとして効果を発揮します。

龍体文字で自分の名前を書いてみよう

龍体文字を使って、あなたの名前を書いた紙を持っておくと、お守りとして効果絶大です。手帳や財布に自分の名前の龍体文字を潜ませておくことをおすすめします。龍体文字のパワーを感じながら、運気をアップさせていきましょう。

龍体文字についてまとめ

龍体文字は、生命力を司る神によって作られ、古代日本で使用されていた、強い力を宿した神代文字のひとつです。

現代においても、夢を実現させたり、恋愛運や健康運、勝負運や金運をアップさせたりと、生活のあらゆる場面で強大な神秘のパワーを貸してくれる文字です。

ぜひ実際に龍体文字を書いて、龍神のパワーを取り入れ、活力に満ちた人生にしていきましょう。

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG