須佐之男命(スサノオ)とは?ヤマタノオロチを退治した神の神話やご利益について紹介!

スサノオは古事記でも荒々しい神として有名な存在です。イザナギの禊から生まれた三貴子の一柱でありながら、乱暴狼藉を繰り返し、姉のアマテラスが天岩戸に閉じこもるきっかけをつくるなど高天原でも手に負えない存在でした。

しかし、高天原を追放されたのちは八岐大蛇を倒し根の国を治めるなど、強力な神として古事記の全編に影響を及ぼします。

この記事ではそんな破天荒な神・スサノオについて解説します。

須佐之男命(スサノオノミコト)とは?

須佐之男命(スサノオノミコト)とは、伊邪那岐命(イザナギノミコト)が黄泉の国の穢れを落とすためにおこなった禊の際、天照大御神(アマテラスオオミカミ)月読命(ツクヨミノミコト)に次いで、鼻をすすいだときに誕生したとされる神様です。

須佐之男命は、八岐大蛇を退治する物語が有名なため、英雄としてのイメージが強いですが、実は多面性を持った謎の多い神様です。例えば、八岐大蛇を退治する前の物語では、高天原で乱暴狼藉の限りをつくす荒ぶる神としての姿が描かれていますし、退治後の物語では、和歌を詠む賢い姿などが描かれています。

物語によって性質が大きく変化することから、複数の神様の話が素戔嗚尊に集約されたとする説や荒ぶる神の穢れが祓われて英雄となった説など、さまざまな解釈がされています。

素戔嗚尊(スサノオノミコト)の系譜

素戔嗚尊は、父に伊邪那岐命を持ち、兄(姉)には天照大御神月読命がいます。母は伊邪那美命(イザナミノミコト)です。

また、天照大御神との誓約(うけい)の際には、素戔嗚尊が天照大御神に差し出した剣から宗像三女神(むなかたさんじょしん)が生まれています。

ちなみに、八岐大蛇を退治して助けた女神は、後に須佐之男命の妻となる櫛名田比売(クシナダヒメ)で、その子孫には大国主がいるとされています。

スサノオノミコトの別称

須佐之男命は、以下のような別称もあります。

  • 速須佐之男命
  • 須佐之男命
  • 素戔男尊
  • 須佐乃袁尊
  • 須佐能乎命
  • 建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)
  • 神須佐能袁命(カムスサノオノミコト)

須佐之男命(スサノオノミコト)の物語

須佐之男命は古事記や日本書紀などに多数の物語が残っています。ここでは、古事記を基にした物語を紹介します。

父である伊邪那岐命の怒りを買い、追放される

須佐之男命は、伊邪那岐命から海を統治するようにいわれますが、亡き母である伊邪那美命に会いたいと泣き続け、まったく使命を果たしません。それどころか、強い力を持つ素戔嗚尊の癇癪によって、天地に大きな被害を与えてしまいます。この姿に怒った伊邪那岐命は、須佐之男命を地上に追放してしまいます。

高天原では乱暴狼藉の限りをつくし、2度目の追放

伊邪那岐命に追放された須佐之男命は、母に会うために死者の国(根の国/黄泉の国)に行くことを決意します。そして、旅立ちの挨拶をするために、高天原(天津神が住む場所)を治めている姉の天照大御神を訪ねました。

天照大御神は、父によって追放された弟が高天原を奪うために攻めてきたと勘違いし、武装しますが、須佐之男命は誓約によってその誤解を解きます。

このときの誓(うけい)によってアマテラスが噛み砕いた剣から誕生したのが宗像三女神です。

誤解を解いたことで無事に高天原に入ることを許された須佐之男命ですが、誓約で誤解を解いたことに慢心して、高天原で乱暴狼藉の限りをつくします。

須佐之男命の行為に対して、周囲に申し訳なさを感じた天照大御神は、天岩戸といわれる洞窟に隠れてしまいます(これが有名な「天岩戸隠れ」です)。この責任を取る形で、須佐之男命は、高天原を追放されてしまいます。

八岐大蛇を退治し、英雄へ

自身のおこないによって高天原から追放された須佐之男命は、出雲の国に降り立ち、そこで、美しい少女を抱きながら悲しみに落ち込んでいる夫婦に出会います。

須佐之男命が話を聞くと、「年に一度8つの頭と8本の尾をもつ八岐大蛇という怪物がやってきて、娘を食べてしまうのです。すでに7人の娘を差し出し、まもなく最後の娘である櫛名田比売も食べられてしまうと思うと悲しいのです。」と嘆きました。

須佐之男命は、櫛名田比売を嫁にもらえるのであれば、八岐大蛇を退治しますと約束し、その準備に取りかかります。

まず櫛名田比売を神通力で湯津爪櫛(ゆつつまぐし)に変えて髪に挿し、次に強力なお酒(ヤシオリの酒)を用意して八岐大蛇が来るのを待ちました。

やがて、姿を現した八岐大蛇はお酒を飲み始め、酔いが回って眠りにつきます。その隙をついて、須佐之男命は神剣十拳剣(とつかのつるぎ)で切り刻み、八岐大蛇を退治しました。

このとき切り刻んだ八岐大蛇の尾から現れた大刀が、後に天照大御神に献上された草薙剣といわれています。

ヤマタノオロチから取り出した草薙の剣をアマテラスに献上することで、アマテラスとの不仲は解消されます。
草薙剣は、三種の神器としてニニギが天孫降臨で地上にもたらし、ヤマトタケルの危機を救うなど天皇家に受け継がれていきます。

櫛名田比売と結婚、日本で初めて和歌を詠む

八岐大蛇を退治した素戔嗚尊は、約束通りに櫛名田比売と結婚し、出雲国の須賀の地で宮を建てて暮らします。

この際に

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を

と歌を詠むのですが、この歌は日本で最初の和歌といわれ、素戔嗚尊が歌の神様や学問の神様として祀られる理由とされています。

ここまでが、素戔嗚尊の誕生から八岐大蛇を退治するまでの物語です。このように見ると、我が儘な神様が2度の追放によって改心し、人のために怪物を退治するといった成長を描いた物語として読むこともできます。

多面性を持ち、謎が多い神様といわれている素戔嗚尊ですが、このような人間臭い面も人気となっている理由のひとつかもしれません。

【番外編】大国主に試練を与える素戔嗚尊

素戔嗚尊は、櫛名田比売との間に子供を授かり、その後は根の国(黄泉の国)に腰を下ろすことになります。

ときは経ち、素戔嗚尊は、娘の須勢理毘売命(スセリビメノミコト)と一緒に根の国に住んでいましたが、ある日、大穴牟遅神(オオナムヂ)が兄神達から逃れるため、地上から根の国に逃れてきます。

このオオナムヂとは、後の大国主です。
大国主はもともとスサノオの子孫なのです。

大穴牟遅神と須勢理毘売命は一目で恋に落ち、結婚することになるのですが、このとき、素戔嗚尊は、大穴牟遅神が娘の伴侶として相応しいのかを見極めるために試練を与える少し意地の悪い父親として登場します。

最終的に、素戔嗚尊は大穴牟遅神(オオナムヂ)を認め、「地上の国を治める主になりなさい」といって、「大国主」の名を与えることになります。

オオナムヂとスセリビヒメのエピソードは、スサノオとクシナダヒメとよく似ていることも、古事記の面白いポイントです。

ちなみに、大国主は素戔嗚尊と櫛名田比売との間にできた6代(日本書紀では7代)あとの子孫です。一方、須勢理毘売命は素戔嗚尊の娘ですので、血縁的に見ると遠い先祖ような存在になります。

このように、実際にはあり得ないシチュエーションが描かれているのも日本神話ならではの面白さとなっていますので、他の神様の物語も読んでみてはいかがでしょうか。

素戔嗚尊(スサノオノミコト)のご利益

物語によってさまざまな姿をみせる素戔嗚尊は、以下のようなご利益を授けてくださいます。

  • 魔除け
  • 水難除け
  • 火難除け
  • 病難除去
  • 縁結び
  • 家内安全
  • 子孫繁栄
  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 病気平癒
  • 学問上達

素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祀る神社

素戔嗚尊をお祀りする神社は、全国に多数あります。ここでは、代表的な神社を3つ紹介しますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

素戔嗚神社

東京都荒川区にある素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)は、平安時代の延暦14年(795)4月8日の夜、二柱の神様からのご神託を受けて創建されたと言われる神社です。

荒川区内で最も広大な氏子区域を持つ神社で、ご祭神は素戔嗚尊、飛鳥大神(アスカオオカミ)の二柱となっています。

所在地東京都荒川区南千住6-60-1
電話番号03-3891-8281

八坂神社

https://twitter.com/kameyakiyonaga/status/1208522694641061889?s=20

京都市東山区にある八坂神社(やさかじんじゃ)は、平安時代の貞観18年(876)南都の僧円如が建立したと伝えられています。

ご祭神は素戔嗚尊とその妻である櫛名田比売をはじめとした全十四柱です。

所在地 京都市東山区祇園町北側625番地
電話番号 075-561-6155

津島神社

愛知県津島市にある津島神社(つしまじんじゃ)は、創建当時から現在までに3回の名称変更がありました。創建当時は「津島社」という名称でしたが、神仏習合の影響を受けてご祭神を牛頭天王に改めました。これにより江戸時代までは「津島牛頭天王社」という名称だったこともあります。

その後、明治時代の神仏分離により現在の「津島神社」という名称になりました。その名残から現在も「津島の天王さま」と呼ばれて親しまれています。

ご祭神は素戔嗚尊と大国主の二柱です。

所在地 愛知県津島市神明町1
電話番号 0567-26-3216

素戔嗚尊のスピリチュアルメッセージ

スサノオとは、姉にアマテラスオオミカミ・両親にイザナギとイザナミを持ち、さまざまな性格を持ち合わせていることで有名な日本の神様だということがお分かりいただけたかと思います。

ヤマタノオロチを退治したということから魔除け、結果的に女神との結婚が成功したということから縁結びのご利益も有名です。お祀りしている神社が全国に多数あり、足を運びやすいところもありますので、ぜひ参拝されてみてはいかがでしょうか。

最後にスサノオからのスピリチュアルメッセージをお伝えします。

真実の希望とはあなたの中にある勇気
恐れず困難に立ち向かいましょう
一歩前に踏み出せば、奇跡のような力が湧いてきます

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG