豊玉姫(トヨタマヒメ)とは?神武天皇の父を出産した神様のご利益や神社を紹介

  • 4月 23, 2021
  • 9月 16, 2021
  • 神様

豊玉姫(トヨタマヒメ)は海の神様オオワダツミの娘で、海や水の神様です。

また神武天皇の祖母であり、叔母でもあります。

一見複雑な家系のようにも思えますが、そこには悲しみと深い愛の物語があります。

この記事では、トヨタマヒメとはどんな神様なのか、物語や御利益などさまざまな観点から解説させていただきます。

豊玉姫(トヨタマヒメ)とは?

トヨタマヒメは兄の釣り針を探しに来たホオリノミコト(山幸彦)に一目惚れし、結婚します。

地上で息子ウガヤフキアエズを出産しますが、本当の姿を見られてしまい、涙をのんで別離の道を歩むことになりました。

トヨタマヒメは海の神様オオワダツミの娘で、航海の安全や大漁、縁結びや子授けのご利益があるとされています。玉は神霊を、豊は多い、満ちているという意味なので巫女の力を持つ女神様ということになります。

またトヨタマヒメ自身も玉のように美しい女神であったことから、美形の子が生まれる、あるいは美肌にご利益があることから、特に女性からの信仰が厚い神様です。

トヨタマヒメの別称

トヨタマヒメは以下のような別称でも呼ばれています。

  • 豊玉毘売
  • 豊玉毘売命

トヨタマヒメの物語

トヨタマヒメには、邇邇芸命(ニニギノミコト)の息子であるホオリノミコトとの深い愛の物語があります。

ホオリノミコトとの出会いと結末について解説していきます。

トヨタマヒメとホオリノミコトの出会い

トヨタマヒメは日本神話が描かれている「古事記」や「日本書紀」に登場します。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)の孫、ニニギノミコトの息子であるホオリノミコトは兄の釣り針を無くしてしまい、シオヅチという神様に海へ探しに行くようアドバイスをうけ、籠の小船を作ってもらい海へと向かいます。

そこには海の神様オオワダツミの宮殿があり、その近くの井戸で女性に出会いました。その女性はオオワダツミの娘トヨタマヒメの侍女で、立派な男性が宮殿の近くに来ているとヒメに報告しました。

それに興味を持ったトヨタマヒメはホオリノミコトをこっそりと見に行き、一目惚れします。

トヨタマヒメは父であるオオワダツミに相談し、ホオリノミコトが貴い御子だと見抜いたオオワダツミのすすめもあって2人は無事結婚します。

そこから3年が過ぎ、ホオリノミコトは故郷が懐かしくなってため息をついていました。それを心配したトヨタマヒメの進言もあって、無事鯛から兄の釣り針が見つかり、ホオリノミコトは地上へと帰っていきます。

ちなみに、ホオリノミコトが井戸で出会った女性は、侍女ではなく、トヨタマヒメであったという説もあります。

トヨタマヒメの出産と別離

地上へ戻り、兄とのトラブルも解決したホオリノミコトのもとへ、妊娠したトヨタマヒメがやってきます。

トヨタマヒメは「天の神の御子を海中で産むべきではないので、出てきました」と言うので、ホオリノミコトは海辺に産屋を建てましたが、屋根を覆いきる前にトヨタマヒメが産気づいてしまいます。

建設途中の産屋で産むことにしたトヨタマヒメは「本来の姿に戻って産むので、決して中を覗かないでください。」とホオリノミコトへお願いしました。しかし、その言葉を不思議に思ったホオリノミコトは、産屋の中を見てしまいます。

そこでは八尋和邇(鮫や龍などの説があります)に姿を変えたトヨタマヒメが、身体をくねらせ這いながら一生懸命、子を出産していました。そのヒメの姿に驚いたホオリノミコトは飛びのいてしまいます。

元の姿を見られてしまったことに気づいたトヨタマヒメは、出産後、「海の道を通って、通いながら子を育てるつもりでしたが、本来の姿を見られてしまったので恥ずかしく、それもかないません」と海の宮殿へ帰ってしまい、そこにいたる道も閉じてしまいました。生まれた子は男の子で、ウガヤフキアエズという名前を付けられます。

しかし、トヨタマヒメは海に帰ってからも産んだ御子のことが恋しく心配だったので、妹のタマヨリヒメを乳母として遣わしたのです。

後に成長したウガヤフキアエズは叔母タマヨリヒメと結婚し4人の子を授かり、その末子が日本の初代天皇・神武天皇として即位されます。

泣く泣く息子を置いて海へと帰ったトヨタマヒメですが、自分の妹を乳母にし養育を頼んだところからその愛情深さがうかがえます。

また、宮崎県にある鵜戸神宮にはお乳岩があり、トヨタマヒメが海へと帰る前に息子ウガヤフキアエズを育てるために、両乳房を御神窟にくっつけたと伝えられています。

トヨタマヒメのご利益

トヨタマヒメは海の女神であり、ホオリノミコトとの出会いや出産に関する神話から以下のようなご利益があります。

  • 縁結び
  • 子宝
  • 安産
  • 子育て
  • 開運厄除け
  • 航海安全
  • 大漁

トヨタマヒメを祀る神社

トヨタマヒメをお祀りした神社は全国各地にあります。

ここではトヨタマヒメを信仰する神社を3つご紹介します。

豊玉姫神社

全国にトヨタマヒメの名を冠する神社がありますが、こちらは佐賀県嬉野市にある豊玉姫神社です。

境内にトヨタマヒメの遣いである白ナマズの像があるなまず社があり、美肌にご利益があるとされています。

嬉野温泉からほど近いので、温泉に行った際にお参りしてみてはいかがでしょうか。

所在地佐賀県嬉野市大字下宿乙2231-2
電話番号0954-43-0680

和多都美神社

海辺近くにある神社で、夫ホオリノミコトと共にトヨタマヒメが祀られています。

5つある鳥居のうち2つは海の中にあり、満潮時には本殿に海が迫り、本物の竜宮のような雰囲気です。

先ほどご紹介したホオリノミコトとトヨタマヒメが出会ったとされる玉の井(古来この地域は海の中にあったとされています)や、トヨタマヒメのお墓もありますのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

所在地長崎県対馬市豊玉町仁位字和宮55
電話番号0920-52-1566

青島神社

こちらは宮崎県の青島の中心にある神社で、ホオリノミコト、トヨタマヒメと共に、ホオリノミコトにアドバイスしたシオヅチも祀られています。

鬼の洗濯板や弥生橋など観光スポットも多く、日本初の蝋人形神話館である日向神話館もあるので、日本神話に興味のある人はぜひ行ってみていただきたい神社です。

所在地宮崎県宮崎市青島2-13-1
電話番号0985-65-1262

トヨタマヒメのスピリチュアルメッセージ

トヨタマヒメは元の姿を夫に見られてしまい、夫や子供と別離するという悲劇に見舞われました。

ですが夫を愛して子どもを授かり、そして子どもを愛していたからこそ妹に養育を頼みます。そんな姿は、近くにいることはできなくても、愛することはできると教えてくれているのではないでしょうか。

恋人や友達、家族との仲に悩んだ時はトヨタマヒメをお祀りする神社へ、参拝に足を運んでみてはいかがでしょうか。

きっとよいお導きがありますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

感謝

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG