ヲシテ文字とは?ヒーリング効果がある神代文字を紹介

ヲシテ文字とは、縄文時代に日本で使われていた、神代文字(じんだいもじ)と言われる古代文字のひとつです。ヲシテ文字には文字それぞれ違う意味の、ヒーリング効果の高い波動を持つとされています。ここではその概要や、ヲシテ文字が持つヒーリング効果について解説します。

ヲシテ文字とは?

ヲシテ文字とは、縄文時代の日本で使われていたとされる神代文字で、「ヲシテ」は、「教える(をしへる)」の「をし」と、手段などを表す「て」が合わさった言葉とされています。

ヲシテ文字は、基本的に48文字から成り立っており、現在の五十音に対応しています。日本の歴史書であるホツマツタヱやミカサフミにも使用されており、不思議なパワーを持つ文字です。ヲシテ文字を今に伝えるものとして、「ホツマツタヱ」「ミカサフミ」「フトマニ」

という3文献があり、それを総称して「ヲシテ文献」と呼びます。

ひらがなやカタカナとは全く違う、記号のようにも見えるヲシテ文字は、一文字ずつが神様を表しています。一文字ずつに意味がある表意文字として、神事や占いにも使われています。

フトマニを描く古代文字

天照大神が編纂して占いに用いたと伝えられているフトマニは、ヲシテ文字を用いて描かれています。

フトマニは大宇宙をかたどったものとされており、古代人の宇宙観の象徴です。このフトマニ自体が大きなパワーを放ち、古代から占いや護符として使われてきました。

ヲシテ文字48音が組み込まれているフトマニは、一音一音を神として見立てた言霊配置図のようなものです。ヲシテ文字は日本語のルーツであり、今も日本語の中に生き続けているのです。

ホツマツタエもヲシテ文字で記された

日本最古の文献といわれているホツマツタエ(秀真伝)は、ヲシテ文字で書かれていて、景行56年に大田田根子命(オオタタネコノミコト)によって編纂献上されました。ホツマツタエは日本の成り立ちについて書かれた歴史書で、「あ」の巻、「わ」の巻、「や」の巻の三巻四十紋で構成されています。

またホツマツタヱには、「あわのうた」という神代の歌が記述されています。あわのうたを歌ったり聴いたりすることで、健康をはじめ様々な効果やご利益が得られると言われています。

ヲシテ文字の一覧表

ヲシテ文字は48文字から成り立っており、現在の五十音に対応しています。5つの母音と10個の子音を組み合わせることで一つの文字になります。

古代から日本では、音そのものにエネルギーがあり、神が宿ると考えられてきました。ヲシテ文字は一音ごとに意味があり、個別のエネルギーが備わっています。

たとえば、「ヌ」はかゆみを消す働きがあり、「キ」には痛みを取り去る力があります。虫に刺されて痛痒いときなどに「ヌ」と「キ」を口に出しながら患部をなでると、症状が緩和されるとも言われています。

ヲシテ文字の一覧表をご紹介します。一覧表を見ながらいろいろな言葉を書いてみてください。

なお、ヲシテ文字には濁点や半濁点、小さい「っ・ゃ・ゅ・ょ」はありません。

ヲシテ文字のヒーリング効果

ヲシテ文字には高いヒーリング効果があると言われています。

ヲシテ文字の一つ一つに、それぞれ違った波動を帯びていて、文字によってヒーリング効果に違いがあるとされています。ヲシテ文字を墨で、体の痛むところや怪我をしたところに書くと、その部分が温まってくるなど、ヒーリング効果があると言われています。

また実際に体に書かなくても、空中に書いたり、目で見たり、声に出しながらさすったりするだけでも、ヒーリング効果が得られるようです。

フトマニ図

ヲシテ文字を並べたフトマニ図は、その人や物の波動を上げ、すべてを本来の状態に整える作用があると言われています。

そのヒーリング効果として、体の痛みのあるところや具合の悪いところに、フトマニ図をあてることで改善が期待できます。枕の下に敷くことで快眠を促してくれるとも言われています。またチャクラに当てて瞑想することでもヒーリング効果が得られます。

あわのうた

あわのうたと呼ばれる神代の歌は、イザナギイザナミの国造りに重要な役を果たした歌であるとされいて、聴いたり声に出して読んだりすることで、様々な効果やご利益が得られます。

あわのうたを音に合わせて唱和し、言霊のパワーを身体に響かせることで、精神と身体を整え健康で元気になれるほか、リラックス作用や性格が明るくなる、物事が上手くいくなど、様々なヒーリング効果をもたらすと言われています。 

ヲシテ文字で自分の名前を書くと強力な御守りに

ヲシテ文字は基本的に現代の50音に対応しているため、自分の名前を書くことができます。自分の名前をヲシテ文字で表すことで、それがどんな意味を持つのかを知ることができます。

因みに、ヲシテ文字には濁点や半濁点や小さい「っ・ゃ・ゅ・ょ」が

なく、濁点や半濁点はヲシテ文字の右上に「゛゜」を付けたり、小さい「っ・ゃ・ゅ・ょ」は通常の「つ・や・ゆ・よ」で代用することが多いです。

自分の名前のヲシテ文字を持ち歩いたりすることで、運気アップや願いが叶う強力な御守りになるでしょう。

ヲシテ文字についてまとめ

ヲシテ文字は、縄文時代の日本で使われていたとされる神代文字のひとつで、現在の五十音にも対応しています。

現代においても、ヲシテ文字を人体に書き込んで治療を施す鍼灸サロンも存在するなど、ヒーリング効果のパワーが強い文字です。

この歴史あるヲシテ文字を実生活に取り入れ、癒しのパワーを受け取り、心身ともに豊かな人生を歩んでいきましょう。

       
       
>アマテラスチャンネルのオンラインショップ

アマテラスチャンネルのオンラインショップ

天然石を使ったアクセサリーや絵画を販売しております。よろしければぜひご覧くださいね!

CTR IMG