祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

破魔矢とは?飾り方や処分の方法・破魔矢の意味についても解説!

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

破魔矢とは?

破魔矢とは、文字通り「破魔」の効果のある矢です。神社やお寺で授与して頂ける魔除けの矢のことで、矢は的を射る際にも使用するもののため、幸福を射止めるという意味も込められています。

弓矢自体の起源が非常に古く、縄文時代には既に使用されており、狩猟や採集生活の中では欠かせないツールでした。そのため、古くから神聖な力が宿るものとして、私たちの生活の中に溶け込んでいます。

破魔矢は縁起物?

古くから、破魔矢は悪い魔から守ってくれるお正月の縁起物として、初詣に訪れた参拝客に授与されています。縁起物といわれるものなだけあり、男の子の初正月・初節句・七五三に贈られたり、新築の家の棟上式という神様に祈願する際にも、たてられたりしています。

破魔矢はもともと、お正月に行われていた弓の技を試す「射来(じゃらい)」や「大射(たいしゃ)」という年占いが起源です。射来や大射はその年の豊作を占う競技で、地域ごとに弓の技を競い、優勝した地域は今年1年が豊作になるという占い結果となります。

その射来や大射に使われる的を「はま」と呼び、使われる矢を「はま矢」・使われる弓を「はま弓」と呼んでいました。昔の人は、弓矢には神聖な力が宿っており悪霊を追い払う力があると信じていたため、次第にその「はま」という言葉に破魔という漢字が当てはめられ、破魔矢・破魔弓となったといわれています。

破魔矢は弓と一対

現在でこそ、破魔弓は省略されて破魔矢のみ授与されている場所が多いですが、本来破魔矢と破魔弓は2つで1つのもの。破魔矢・破魔弓はどちらが欠けても使えないものですよね。

どちらも非常に重要で、江戸時代に入ってからは武家の家で男の子が生まれると、健康に育つようにという意味を込めて破魔矢・破魔弓をセットで贈られていたそうです。江戸時代後期に入ってからは、その風習が庶民の間でも広がり、子供の初正月には男の子は破魔矢・破魔弓を、女の子には羽子板を贈るようになり、今日まで伝わっています。

また、破魔弓とセットになっている破魔矢の数が4本のものが多いのは、平安時代から宮中で行われるようになった、鬼を避ける儀式である「鳴弦の儀(めいげんのぎ)」に大きく影響を受けているためです。鳴弦の儀では、矢を使用せずに、弓をはじいて音を四方に出して天地四方の邪気を祓っています。

この天地四方の考えが、破魔弓とセットになっている破魔矢の本数に反映されているのです。

1 2 3
天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次