祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

鶯(うぐいす)は幸運の象徴?鶯が持つスピリチュアルな意味とは?

うぐいす

うぐいすは、その綺麗な鳴き声から日本三鳴鳥の1つであり、春の訪れを知らせてくれることから、別名「春告げ鳥」とも言われ、とても縁起の良い鳥です。
例えその姿が見えなくても、うぐいすの鳴き声を聞くだけでも幸運が訪れる前触れといわれるほどです。
鳴き声だけで幸運をもたらすといううぐいすのスピリチュアルな意味を探っていきましょう。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

格式高いうぐいすの存在

古来より和歌や絵画で梅と一緒に描かれ愛されてきたうぐいすです。

うぐいすは、古来より和歌の中に登場したり、絵画で梅と一緒に描かれたりし、とても親しまれ愛されてきた鳥です。
春を告げるように「ホーホケキョ」と鳴く声は美しく、私たちの耳を楽しませてくれます。
日本では古来より「聞きなし」という、鳥などの声を意味のある言葉に置き換える文化により、うぐいすの鳴き声は「法、法華経」と大乗仏教の代表的な経典の言葉になぞらえて聞かれていました。

うぐいすの声を聞く場所のスピリチュアルな意味

「神社・仏閣」でうぐいすの鳴き声が聞こえたら幸運の前触れ

うぐいすの鳴き声は、ただ聞くだけでも幸運をもたらしてくれますが、聞いた場所によっても少し変わります。
日常生活の中でふいに聞こえてきた場合、ただ聞いただけでも
縁起が良いとされる、うぐいすの鳴き声なので、幸運なことには変わりありません。
しかし、さらにパワーを感じることができる場所として「神社・仏閣」で鳴き声を聞く、ということがあります。
「神社・仏閣」はその場にいるだけでもパワーをもらえるパワースポットです。
もともと、うぐいすの鳴き声を頻繁に聞くという人は少なく、それに加えて「神社・仏閣」で聞くとなれば、本当に珍しいことです。
パワースポットで、うぐいすの鳴き声を聞くということが、これからさらに大きな幸運を運んでくれる前触れとなります。

うぐいすの夢を見るスピリチュアルな意味

うぐいすの夢は人生に”春の訪れ”や嬉しいメッセージが届く前触れの可能性がある

鳥の夢を見ることの意味は、鳥が大空を自由にはばたくことに象徴されるように、「自由」「創造性」「希望」などの意味を持っています。
これは夢を見た人自身が自由さや創造性を発揮し、自分自身の目標を達成しながら、自由にはばたいていくことを意味する吉夢です。
その中でも、うぐいすの夢は、その姿を見るだけの夢でも、自分の人生の中に”春の訪れ”を象徴するともいわれています。
うぐいすの鳴き声の夢の場合は、その綺麗な鳴き声から、見た人の声や言葉が幸運をもたらす、あるいは嬉しいメッセージが届く前触れの可能性という意味になります。

うぐいすの声を聞いて意中の人と親密になった話

神社でうぐいすの鳴き声を聞いたことを話すと意中の彼が興味を持ってくれた

ここで、うぐいすの鳴き声を聞いたことで幸運が訪れた、ある女性の話をご紹介します。
彼女は2年ほど前から、友人と一緒に神社を回って御朱印を集めることを楽しんでいました。
今では神社そのものにも興味を持ち、時には一人で神社巡りを楽しむこともありました。
ちょうど去年の3月初旬に、彼女が神社巡りに行ったときのお話です。
人も少なくゆっくりと境内を見ていたところ、どこからともなく、うぐいすの鳴き声が聞こえてきました。
鳴き声のしたほうをみても、うぐいすの姿まで見えませんでしたが、あまりない経験に嬉しくなり、その日は良い気分で家路に着きました。
それから2週間ほど経ったある日、彼女は同じ会社に勤める男性社員と急激に仲良くなりました。
実は、彼女はその男性社員のことが気になっており、何か話すきっかけはないかと思っていたところ、神社でうぐいすの鳴き声を聞いたことを話すと彼が興味を持ってくれたのです。
うぐいすの鳴き声が作ってくれたご縁でした。

うぐいすが持つスピリチュアルな意味まとめ

春を告げるうぐいすと美しい梅の花

いかがでしたでしょうか?
うぐいすは、その存在も縁起のよいものとされ、鳴き声を聞くと幸運を運んでくれる前触れとも言われているのがお分かりいただけたでしょうか。
春先には春告げ鳥であるうぐいすの美しい鳴き声に耳を澄ましてみましょう。
もし、うぐいすの鳴き声が聞こえてきたら幸運が訪れるかもしれません。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次