祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

蕁麻疹・湿疹のスピリチュアルな意味とは?|身体の部位別に紹介

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

蕁麻疹・湿疹のスピリチュアルな意味とは?

スピリチュアルでは蕁麻疹・湿疹は、体のなかのマイナスエネルギーを体外に放出しなければならないという意味があります。

かゆみがあるけれど掻くとひどくなる、イライラして自分自身を攻撃してしまうなど、蕁麻疹・湿疹は自分を追いつめているあらわれでもあります。

その他にも、蕁麻疹・湿疹には以下のようなスピリチュアルな意味があります。

浄化している

スピリチュアルでは蕁麻疹・湿疹は、体内に溜まった悲しみや怒り・不満、またはまわりからの負のエネルギーを浄化しているという意味があります。

このような感情や、マイナスエネルギーを浄化しないままにしておくと、やがては自分自身を攻撃してしまう原因になります。

蕁麻疹・湿疹がおさまると本来の心と身体にもどることで、定期的に感情の浄化を習慣づける暗示でもあります。

好転反応が現れている

蕁麻疹・湿疹は、スピリチュアルにおいて、人間関係や仕事の好転反応も意味します。

日々の生活のなかで、人間関係や仕事がうまくいかなくても、人はその状況に無理にでもあわせようとします。

しかしスピリチュアル的な蕁麻疹・湿疹は、その今までの人間関係や仕事が良好になり運気が上昇してくると、好転反応としてあらわれます。

アセンションの可能性も

スピリチュアルでは蕁麻疹・湿疹は、精神的・肉体的にアセンション(次元上昇)の可能性を意味しています。

蕁麻疹・湿疹は、自分の生命体にある周波数があがり、精神的・肉体的な向上や、周りの人たちによい影響をもたらすことで、徳を積んでいることをあらわしています。

また、このようなスピリチュアル的な症状が多いほど、アセンションの可能性が高いでしょう。

蕁麻疹・湿疹のスピリチュアルな意味を身体の部位別に紹介

蕁麻疹・湿疹のスピリチュアルな意味5つを、身体の部位別ごとにご紹介します。

右手の蕁麻疹・湿疹

右手の蕁麻疹・湿疹は、スピリチュアル的には自分の感情をおさえず、自由にその魅力をあらわしてよいことを意味しています。

右の手のひらや指に蕁麻疹・湿疹、かゆみがでたときは、目標が達成できたときを明るく想像して、その目標がたとえ困難でも、まずはチャレンジしてみましょう。

左手の蕁麻疹・湿疹

スピリチュアル的には左手の蕁麻疹・湿疹は、人・物・願いを手放すことに恐怖心をもたず、手放すことで新しいものが入ってくることを意味しています。

左手のひらや指に蕁麻疹・湿疹、かゆみがでたときは、ゆっくりと休むようにしましょう。心も身体もリフレッシュし、プラスのエネルギーが集まってくるでしょう。

顔の蕁麻疹・湿疹

顔の蕁麻疹・湿疹はスピリチュアル的には、自分自身や周囲の人に対して優しさを忘れないようにすることを意味しています。

自分の心と素直に向き合うことで、軌道修正ができ本来進むべき道がみつかることを示しています。

首の蕁麻疹・湿疹

首の蕁麻疹・湿疹はスピリチュアル的には、なにかに悩んでいるときは、心のおもうままに歩んでよいことを意味します。

自由にやってみたいことをはじめることで、求める答えが見えてくるというメッセージです。

背中の蕁麻疹・湿疹

背中の蕁麻疹・湿疹はスピリチュアル的には、必要なものを受けとる準備をするという意味もあります。

恐怖心・不安などネガティブな気持ちを手放すことで、あなたに必要なものが入ってきて、受け取ることができることをあらわしています。

蕁麻疹・湿疹のスピリチュアルな意味についてまとめ

スピリチュアルな意味では蕁麻疹・湿疹は、自分自身の内面を深く知り、まだ、その内に潜んでいる才能や能力をひきだすことが可能なことを意味しています。

薬を飲み続けているのに繰り返す蕁麻疹・湿疹に、不安を感じているときはスピリチュアルも対処法として受け入れてみてください。

また蕁麻疹・湿疹は、まわりから愛されるのではなく、自分が自分を愛することができたとき改善されていきます。まずは自分自身を大切にしてあげてくださいね。

13星座に宿る本来の運勢から、あなたの金運を上昇させます。
太陽の通り道には、カレンダーから除外された13番目の星座があります。
神の意思を読み取るための星座占い、あなたの運勢を無料で上昇させます。

金運13星座占いはこちらからご登録ください。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次