祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

因幡の白兎とは?日本神話に登場する物語のあらすじと意味を解説

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

因幡の白兎とは?古事記の物語の一つ

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)とは、日本最古の歴史書に数えられる『古事記』(「因幡之素兎」という表記)のほか、平安時代前期に成立した『先代旧事本紀(せんだいぐじほんぎ)』に載っているエピソードとして知られています。

出雲大社の祭神である大国主大神が因幡国(現在の鳥取県)の美しい姫に求婚するエピソードの前半に登場する物語で、戦前には小学校の国語の教科書にも載っていました。

最近では2011年度の国語の教科書に再び載るようになったことでも話題となっています。

因幡の白兎のあらすじ

「因幡の白兎」のあらすじは以下のようなものです。

出雲の国に大穴牟遲神(おおなむぢのかみ:大国主大神のこと)という心の優しい神様がおり、彼には多くの兄弟神がいました。

ある日のこと、兄弟たちは因幡の国にいる八上比売(やかみひめ)という美しい姫のことを耳にし、兄弟そろって求婚のために出かけました。しかし、その際に大穴牟遲神は全員分の荷物を背負わされました。

道中、因幡の国に入って気多(けた)の岬までやってくると、体中の毛をはがされて泣きじゃくっている一羽のウサギに出くわします。そこで、兄弟神たちはそのウサギを困らせようと、海水を浴びて風にあたるように助言しました。兄弟神たちの言うことを真に受けたウサギがその通りにやると、傷が余計に痛みだしました。

まもなく、兄弟神全員分の荷物を背負っていた大穴牟遲神が困っているウサギのところにやってきました。彼はウサギにわけを聞くと、そのウサギは次のように話しました。

「隠岐の島からこの国に行きたいと思い、ワニザメとどちらが仲間の数が多いか比べようと持ち掛けて、並んだワニザメの背中を数えるふりをして渡ろうとしました。しかし、渡り終えようとしていたところで、うれしさのあまりうっかりワニザメをだましていたことを口にしたところ、最後のワニザメが毛を全部むしってしまったのです。その後で、さっき通って行った神様たちの意地悪で余計に苦しむことになりました」

大穴牟遲神はウサギを気の毒に思い、真水で体を洗ったうえで、蒲の花を集めてそのうえで寝転ぶように言いました。ウサギが大穴牟遲神に言われた通りにやると、たちまち傷が癒え、白い毛も元通り生えてきました。

元通りになったウサギは大穴牟遲神に「荷物持ちをしていても、あなたはきっと八上比売と結ばれるでしょう」と言いました。その後、兄弟神たちより遅れて八上比売の元に着いた大穴牟遲神でしたが、八上比売が結婚相手として選んだのはウサギの言った通り大穴牟遲神でした。

古事記(和銅五年正月太朝臣安萬呂所撰)上巻に日く

八十神、おのもおのも稲羽の八上比売をよばはんの心ありて、共に稲羽に行きける時に、大穴牟遅の神に袋を負せ、供人として率てゆき是に気多之前に到りける時に、赤裸なる兎伏せり。

八十神其の兎に謂ひけらく、『汝はこの海塩を浴み、風の吹くにあたりて、高山の尾上に伏してよ。』といふ。

故に其の兎、八十神の教えのまゝに伏しき。

こゝに其の塩の乾くまにまに其の身の皮、ことごとに風に吹きさかへしからに、痛みて泣き伏せれば、いやはてに来ませる大穴牟遅の神、其の兎を見て、何ぞも汝泣き伏せると問ひ給ふに兎申さく、『僕、淤岐ノ島にありて、この地に渡らまく欲りつれども、渡らむ由なかりし故に、海の鰐をあざむきて言ひけらく、「吾と汝と族の多き少きを競べてむ、故に汝は其の族の在りのことごとに率ひ来て此の島より、気多之前まで、皆並み伏し渡わたれ、吾其の上を踏みて走りつつ読み渡り、ここに吾が族と何れが多きといふにとを知らん。」かく言ひしかば欺かへて列伏せりし時に、吾、其の上を踏みて読み渡り来て、今、地に下りんとする時に、吾「汝は吾に欺かへつ。」と言終れば、即ち最端に伏せる鰐、我を捕へて、ことごとに我が着物を剥ぎ、これによりて泣き患ひしかば、先だちて行てませる、八十神之命もちて、海塩を浴みて、風に当り伏せれと教へ給ひき。

故に教への如くせしかば、我が身ことごとに傷えつ。』と申す。

こゝに大穴牟遅神、其の兎に教へ給はく「今急く此の水門に往きて、水もて汝が身を洗ひて、其の水門の蒲黄をとりて、敷散らして、其の上に、まころびてば、汝が身、元の如く必ず癒えなむ。」と教へ給ひき。

故に教への如くせしかば其の身もとの如くなりき。

これ稲羽の素兎といふ者なり。

今に兎神となも云ふ。

故に其の兎、大穴牟遅神に申さく、『この八十神は必ず、八上比売を得給はじ、袋を負ひ給はれども汝命ぞ得給はむ。』と申しき。

こゝに八上比売、八十神に答へけらく、『吾は汝たちのことは聞かじ、大穴牟遅神に嫁はな。』と言ふ。

参照(白兎神社/https://hakutojinja.jp/mythology/)

因幡の白兎の舞台の場所

因幡の白兎の舞台となった場所については古くから様々な考察がされてきました。

まず、物語中でウサギが傷のために苦しんでいた「気多の岬」の場所としては、現在の鳥取県鳥取市白兎海岸にある気多之前(けたのさき)が有力視されています。

また、「隠岐の島」については、文字通り島根県に浮かぶ隠岐の島という説や、気多之前の沖合に浮かぶ淤岐之島(おきのしま)という説がありますが、「隠岐の島」の場所によって「気多の岬」の場所も異なってくるため、一概に結論を出すことはできません。ただし、この後で触れる白兎神社では淤岐之島は「隠岐の島」と考えられています。

さらに、物語の中でウサギが隠岐の島から渡る際に利用したワニザメの背についても、淤岐之島の周囲にある波食棚(はしょくだな)が地元でワニの背に例えられるところからきているというのが有力です。

このほか、物語の中でウサギが傷を癒す際に蒲の花の上で寝転がったとされる丘は白兎神社の南にある身干山が、大国主命と出会ったときに傷ついたウサギが寝転がっていた場所として神社の西側の高尾山が考えられていること、さらに気多之前付近には蒲の穂が自生していることなどから、「因幡の白兎」の舞台は白兎神社周辺の地と考えられています。地元でも因幡の白兎の舞台ということで、地域おこしが行われています。

1 2
天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次