LINE登録で無料プレゼントをお配りしています

「蘆屋道満」とは?安倍晴明のライバルについて解説|安倍晴明との戦い4選!

目次

「蘆屋道満」とは?

蘆屋道満(あしやどうまん)とは、安部晴明のライバルとして描かれることの多い、平安時代に活躍した伝説上の民間の陰陽師です。出身は播磨の国(現在の兵庫県)で道摩法師(どうまほうし)とも呼ばれますが、道摩法師とは別人ではないかという説もあります。

生没年不詳で安倍晴明の弟子だったともいわれる一方で、晴明よりも年上だったともいわれており、正体については不明のままです。

しかし鎌倉時代の説話集『宇治拾遺(うじしゅうい)物語』や『十訓抄(じっきんしょう)』等には蘆屋道満の逸話が残っており、その術の高さから安倍晴明のライバルとして名を馳せる人物となっています。

民間陰陽師として知られた道満

そもそも陰陽師は律令制度における官職の一つでした。いわば陰陽師は国家公務員の位置づけであったのですが、朝廷に属さない民間の陰陽師も存在していました。そして蘆屋道満は官人でない、民間陰陽師の代表格です。

民間の陰陽師はフリーランスのため固定給ではなく、仕事の依頼がなければ収入がありません。そのため人々の不安を煽ることで仕事を増やそうと悪だくみをする民間陰陽師もいたといいます。道満の営業方法は定かではありませんが、名声があったことから仕事には困らなかったのではと考えられています。

また、道満の出身の播磨の国は、隣の備前の国と並んで陰陽師の聖地であり、優秀な陰陽師を輩出した地でもあります。陰陽師としての実力をつける環境にも道満は恵まれていたのでしょう。

「蘆屋道満」のライバルは安倍晴明?

安倍晴明と蘆屋道満の比較

陰陽師としての技術に優れ安倍晴明のライバルとして著名な蘆屋道満ですが、どのような点で比較されることが多いのかみてみましょう。
 

 安倍晴明蘆屋道満
役職官人非官人
二つ名正義の清明悪の道満
代表的な印五芒星
(セーマン)
六芒星、九字
(ドーマン)

「蘆屋道満」が用いた六芒星と九字

六芒星

蘆屋道満が用いたとされる六芒星は、上向きの正三角形△と、下向きの正三角形▽が組み合わさってできています。

  • 上向きの正三角形△‥…陰陽思想における「陽」の象徴でプラスのエネルギーを表す。創造。火。
  • 下向きの正三角形▽……陰陽思想における「陰」の象徴でマイナスのエネルギーを表す。破壊。水。

つまり、プラスとマイナスのエネルギーが組み合わさった六芒星は「相対するエネルギーの調和」を示す形なのです。この印を使うことにより、精神的なエネルギーも上昇するため潜在的な力が飛躍的にアップし、魔除けに効果を発しました。

九字(九字切り、九字護身法)

九字切りの呪文は「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」のほか、陰陽道では

青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳・帝台・南斗・北斗・玉女」
せいりゅう・びゃっこ・すざく・げんぶ・こうちん・ていたい・なんじゅ・ほくと・ぎょくにょ

と、九字を九星九宮の九神に置き換えて唱えていたともいわれます。

蘆屋道満だけでなく安倍晴明もこの九字切りを使用していたのですが、蘆屋道満は必ずしも九本の線を用いたわけでなく、九本以上の線の印も用いていたようです。六芒星と九字切りを合わせてドーマンと呼ばれることが一般的です。

安倍晴明が用いた五芒星

陰陽思想において五芒星は陰陽五行説の「木・火・土・金・水(もっかどごんすい)」を表す形となっています。木・火・土・金・水の5つの元素が働くことで世界が成り立っていると考えられており、「相生(あいしょう)」と「相剋(そうこく)」という、互いが互いの力を引き出したり打ち消したりする関係となっています。

六芒星よりも護身の意味が強い形です。

1 2
天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

コメント

コメントする

目次