祈りを込めた限定プレゼントをご用意しております。

猿田彦大神とは?道案内の神・サルタヒコのご利益や神社について解説

猿田彦は、みちびきの神やみちひらきの神とされ、人々の道中の安全を守る神様とされていますが、様々な逸話があることから、謎の多い神様とも言われます。

この記事では、猿田彦がどのような神様なのか、物語やご利益など、様々な観点から解説させていただきます。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次

猿田彦とは?

猿田彦大神とは、日本神話の中で天孫降臨の際に天照大御神(アマテラスオオミカミ)の遣いである、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の道案内をしたとされている神様です。そのことから「みちびきの神様、みちひらきの神様」と呼ばれています。

また、姿形は「鼻長七咫、背長七尺」という表記から天狗に似ていたとされています。そのため、「天地を照らす」太陽神であったともされており、多数の顔を持つ謎に満ちた神様とも言われています。

元々は「稲作の神様」だった?

猿田彦は、伊勢の土着の神(古来よりその土地に棲んでいる神)だったと言われています。伊勢には宇治氏という伊勢神宮に使える氏族がいたのですが、猿田彦は元々宇治氏の田を守る神様だったため、「稲作の神」とされていたそうです。

その後、伊勢信仰が盛んになり、都から伊勢神宮への参拝者が増えるとともに、道中の安全を守る神様へと変化していったとする説もあります。

猿田彦の別称

猿田彦は、以下のような別称でも呼ばれています。

  • 猿田毘古神(サルタビコノカミ)
  • 猿田彦大神(サルタビコオオカミ)
1 2 3

13星座に宿る本来の運勢から、あなたの金運を上昇させます。
太陽の通り道には、カレンダーから除外された13番目の星座があります。
神の意思を読み取るための星座占い、あなたの運勢を無料で上昇させます。

金運13星座占いはこちらからご登録ください。

天照大御神

アマテラスチャンネルでは、LINEを通じて皆様をお助けしております。
不安や悩み、人生の願いがあるのなら、こちらから私にご連絡ください。

https://lin.ee/NXwLSfe
感謝

目次